世界の動画からおもしろ・楽しい動画や驚き!ビックリな情報をセレクトしてご紹介

アニメ映画『猫企画』公開初日の舞台挨拶に 河村たかし名古屋市長が登壇、劇場内を高揚させる! 続いて舞台挨拶第二弾、祭nine.の登壇も決定!

株式会社スピード(本社:愛知県瀬戸市)は、粟津順監督の最新オリジナル3DCGアニメ映画『猫企画』の公開初日を11月30日(金)に、名古屋のミッドランドスクエア シネマにて迎えました。
会場には、監督の粟津順、プロデューサーの岩木勇一郎そして特別ゲストの河村たかし市長が登壇しました。

岩木プロデューサーが、主題歌である祭nine.の「勇者なら」をBGMに粟津監督を招き、舞台挨拶がスタート。本作品では、12月5日発売の祭nine.サードシングル『がってんShake!』パターンD収録の「勇者なら」をいち早くフル尺で楽しむことができます。また出演キャラクターが「勇者なら」のサビの振り付けを踊るシーンも挿入されているのも見所の一つです。

なぜこの作品が生まれたのかの質問に粟津監督は、
「猫を見ていると、猫っていいなあと思う。非常に自由な感じで、猫はなぜ働かないのか、なぜ人間は働かなければいけないのかと考えるようになりました。そこで猫を題材にした作品をいつか作りたいと思っていたところ、労働と猫が結びついて猫企画が生まれました」
続いて本作品に声優参加した河村たかし市長が登壇。キャッチコピーの「猫とわきゃあ(和解)せよ!」はなかなか面白い!!と満面の笑顔でコメント。本作の特徴である全編名古屋ことばについて、「素晴らしい!でゃぁたあ(大体)わしの言葉を聞いとったら、400年名古屋に住んどるで間違あにゃあ(間違いない)ですよ。織田信長も河村さんと同じことば喋っとったらしいですよ。会ったことにゃーでちょっといかんけど」市長の饒舌な喋りに会場に笑いがおこりました。
「名古屋はエンターテインメントというか文化とか芸術がどえりゃあおもしれえとか、そこをグーッと盛り上げなかんで。(猫企画で)引っ張ってってもらえますように猫企画をみんなで応援しよみゃあ~!」と会場を盛り上げました。

■舞台挨拶第二弾・スペシャルニュースの発表
そんななか、舞台挨拶の第二弾として祭nine.メンバーの登壇が決定。
主題歌である「勇者なら」は猫をテーマに作られたもので、この作品との強い繋がりも感じられます。メンバーの中には愛知県出身者もおり、どんな舞台挨拶になるのか、楽しみでなりません。
もうひとつスペシャルなニュースとして、ロックバンドBUCK-TICKのボーカリストである櫻井敦司が声優初挑戦にして、数カット特別参加していると発表が。
猫好きで知られる櫻井氏、アニメで猫になってしまうのでしょうか?あの艶やかな声をどのシーンで聞くことが出来るのか、公開は12月14日(金)までの予定ですので、ぜひ劇場でお楽しみください。

公式サイト
http://nekokikaku.net
公式Twitter
https://twitter.com/nekokikaku_jp

おすすめ
記事がありません
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。