オリンピック、パラリンピックを目指す選手たちの奮闘を描いた動画「The Measure of Greatness」を公開 P&G、IOC、IPC共同で、社会貢献活動を推進する「Athletes for Good基金」設立 参画する桃田賢斗選手のスペシャル動画も同時公開

国際オリンピック委員会(IOC)のワールドワイドオリンピックパートナーおよび東京2020パラリンピックのゴールドパートナーであるP&Gグループのプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社(本社:神戸市)は、P&Gグローバルで展開しているデジタル動画シリーズ「The Measure of Greatness」を11月20日(金)よりP&Gジャパン・オリンピック特別サイトおよびP&Gジャパン公式YouTubeチャンネルで公開します。

P&Gは、IOC、国際パラリンピック委員会(IPC)との共同基金として、重要な社会貢献活動を推進させるために、オリンピックとパラリンピックを目指すアスリートたちが取り組んでいる社会課題に対して助成を行う「Athletes for Good基金」を設立しました。また、その取り組みを紹介する「The Measure of Greatness」と題したデジタル動画シリーズを開始し、全世界のオリンピック/パラリンピックの選手、そして大会出場を目指すアスリートたちが価値ある行動を起こしてコミュニティーに貢献する姿に光を当てています。

動画内では、基金へ参画するバドミントンの桃田賢斗選手をはじめ計4人の世界のトップアスリートに着目し、日常が様変わりしてしまった中でも、人を想い、医療の最前線で新型コロナウイルス感染症と闘うこと、人種間の平等を求めて声を上げること、また自身が持つ資源を投じて困窮する人々に医療機器や食糧を送り届けることなど、アスリートたちの奮闘を紹介しています。

さらに、世界初公開となるスペシャル動画では、日本から桃田選手が登場し、日本への想い、目指すアスリート像を語っています。桃田選手のアスリートとしての熱い想いにご注目ください。

また、P&Gジャパンでは、「前向きな想い」や「人を想いやる心」が誰かの元気に、楽しみに、笑顔につながってほしいという願いから展開している「想いの架け橋プロジェクト」の一環として、医療従事者やアスリート、子どもへの支援のための寄付を行う店頭キャンペーンを実施しています。これらの活動を通じて、毎日の暮らしをよりよいものにすることへの貢献を目指してまいります。

動画タイトル:The Measure of Greatness – 桃田賢斗選手篇 –
公開日:2020年11月20日(金)
公開先:P&Gジャパン・オリンピック特別サイト
https://www.myrepi.com/home/green-living/article_corporate-sponsorship

国際オリンピック委員会(IOC)が果たすべき使命として、アスリートを支援し、オリンピック・ムーブメントの中心にアスリートを据えることを目指しています。この使命に賛同し、P&Gはオリンピックおよびパラリンピック・パートナーシップの次なるステップの一環として、Athletes for Good基金を設立します。P&G、IOC、IPCの共同基金として、重要な社会貢献活動を推進させるために、オリンピックとパラリンピックを目指すアスリートたちが取り組んでいる社会課題に対して助成を行います。Athletes for Good基金では、IOCのAthlete365プラットフォーム上の申請プロセスを通じ来年の東京2020オリンピックの開会式まで週に1件ずつ、合計52件に対して助成を行う計画です。地域社会への貢献(新型コロナウイルス感染症 支援等)、平等とインクルージョン、そして環境サステナビリティという分野において、コミュニティーを立ち上げて活動する団体に協力している、オリンピックとパラリンピックを目指すアスリート達が助成を申請できる基金です。

動画「The Measure of Greatness」について
公開先:P&Gジャパン・オリンピック特別サイト
https://www.myrepi.com/home/green-living/article_corporate-sponsorship

「The Measure of Greatness」では、オリンピックおよびパラリンピックへの出場を目指しているアスリートたちが競技で、そして競技以外の場で人々に勇気を与える姿を紹介します。新型コロナウイルス感染症に医療現場の最前線で闘うこと、人種間の平等を求めて声を上げること、自身が持つ資源を投じて困窮する人々に医療機器や食糧を送り届けることなど、アスリートたちが、今この時、他者の役に立つためにこれまでとは違うステージに挑む姿は、困難な時期こそ思いやりを持って先頭に立つことが大切だということを教えてくれます。