りんご娘・王林、法被姿ではじける笑顔。東北電力70周年記念「得祭」TVCM!マスコットキャラクター・マカプゥと共演。インタビュー「青森で権力のある人間になりたい(笑)」

東北電力株式会社(所在地:宮城県仙台市 代表者:樋口 康二郎 ※「樋」は、一点しんにょう)は、東北電力70周年記念ご愛顧感謝キャンペーン「得祭(トクまつり)」を実施中です。それに伴い、RINGOMUSUME(りんご娘)の王林さん(青森県弘前市出身)出演TVCM「みんなで得祭篇」「王林とマカプゥで得祭篇」を9月30日(木)より、東北6県・新潟県で放映します。

本TVCMには、法被姿でお祭りを盛り上げるりんご娘のリーダー・王林さんが登場。東北電力のマスコットキャラクター・マカプゥとの共演が実現しました。王林さんのナチュラルな津軽弁や笑顔が印象的なCMとなっております。
また、TVCMの放映に伴い、メイキング及びインタビュー動画を公開します。「青森で権力のある人間になりたい(笑)」「夏はお祭りのために、宿題を頑張っていた」といった発言が飛び出しました。

法被を着た王林さんが登場。お神輿の上から威勢の良い掛け声が響きます。お神輿の扇には「東北電力70周年得祭」の文字。その後、法被を着たおじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、子どもたちそしてマカプゥが歌に合わせて、創立70周年を盛大に祝います。最後は王林さんによる「東北電力から感謝を込めてドドーンとトクするトクまつり。で、トクするべし!」という気持ちがこもったナレーションでCMを締めくくります。

軽快な音楽とともに、王林さんが登場し、笑顔で「トクまつり!」と一言。傍らには東北電力のマスコットキャラクター・マカプゥ。「祭りでポイント、当たる いっぱいいっぱいよ~♪基本料金が3ヵ月ゼロなのよ~♪」という音楽に合わせて踊る二人が印象的。最後は王林さんのナレーション「東北電力でいっぱいトクするトクまつり。で、トクするべし!」という呼びかけともに終了します。

【「東北電力70周年記念ご愛顧感謝キャンペーン「得祭(トクまつり)」】
https://yorisou-plus-one.tohoku-epco.co.jp/70th_anniversary_cp/tokumatsuri/

  • TVCM東北電力70周年記念ご愛顧感謝キャンペーン「得祭(トクまつり)」

■放映地域:東北(青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県)・新潟県
■放映開始日:2021年9月30日(木)

TVCM撮影に伴い、王林さんにインタビューを実施しました。お祭りの思い出や将来目指していることなどについてお話しいただきました。

―東北電力のCM出演のお話を聞いて、いかがでしたか? 
わたしは、生まれも育ちも生粋の東北女じゃないですか。今も青森県に居て、東北電力にはずっとお世話になっています。なので、CMに出させていただいて本当にありがたいです。感謝をこちらから伝えたいぐらいです。

―法被のお衣装がとてもお似合いですが、着られてみていかがですか? 
青森も東北もお祭り文化なので、各地で色々なお祭りがあるじゃないですか。“じゃわめぐ”って津軽では言うんですが、ぞわぞわと心が騒ぐという意味で、お祭りの時期は“じゃわめぐ”ってよく言います。今はなかなかお祭りがない時期ですが、(CM撮影で法被に袖を通すことで)久々の感覚を味わわせてもらっています。

―「得祭」というお祭りがテーマの撮影でしたが、工夫したことやこだわったことはありますか?
見ている人たちも、ああ、お祭りだ!って、東北の人たちだったら、一つになると思うんです。画面越しですけど、私たちのCMが流れたときに、がっと気持ちを寄せてもらうために、祭りの雰囲気を最大限出せるように頑張りました。

―お祭りは好きですか? 
大好きなんです!それが理由で夏が一番好きです。東北っていう塊がすごく好き。その地域で一つになるというお祭りという文化が本当に好きです。お祭りという文化があることによって、東北魂っていう言葉もあると思います。

―お祭りに関する思い出はありますか?
青森の弘前にずっと住んでいて、“ねぷた祭り”に小さいころからずっと参加していました。小学生の時は、お囃子として私は笛を担当していました。吹くにあたって酸素が足りなかった記憶があります。夏はお祭りのために、宿題を頑張っていました。

―「得祭」にちなんで、最近トクしたことはありましたか?
私のマネージャーさんが、タクシーに乗った時に、運転手さんがすごく道に迷われたんですね。着いた!みたいな雰囲気出してるのに着いてないってことを何回も繰り返してて、メーターも本来着く時間で止めてくれていたんですけど、降りる時に申し訳ないからという理由で、2,000円もくれたらしいんです。私は関係ないんですけど、その話聞いて良かったねって思ってます(笑)。

―王林さんは今回のCMのように元気で天真爛漫なイメージですが、ご自身は自分をどのような人だと思っていますか?
天真爛漫っていい言葉で言っていただきました。よく天然って言われるんですけど、天然とは自分では思っていません。ちゃんと大学とかも行かせてもらって、頭とか熱意とかはちゃんと持ってる女です(笑)。でもすごい元気で、常に歌って踊って、家の中でライブをやらせてもらっています。

―では、世間のイメージとのギャップはありませんか?
天然ってところだけは、どうにかしてほしいなって思いますけど、“元気”については、その通りだと思います。

―マカプゥと共演してみて、いかがでしたか? 
すごく可愛かったです。目にあんまり力を感じないというか、ぽーんとした目をしてるんですけど、実際に会ってみたら愛くるしくて、身体の形が変わっちゃうくらいまで一生懸命に踊っていました。もう大好きになりました。

―東北電力は70周年ですが、王林さんはどのような70歳になりたいですか? 
私は青森で権力のある人間になりたいんです(笑)。青森をプロデュースしたいというのがずっとあります。70歳だったら、言葉にも魂が入っていくわけじゃないですか。説得力とかも出てくると思うから、青森県を盛り上げられるような、知事とかっていうとあれですけど(笑)。そのくらいの権力を持てるような、青森に貢献する人間になっていたいです。

―一番電気を使えなくなったら困るなと思うのは?
冷蔵庫の電気が使えなくなったら困ります。何に関してもなんですが、中途半端というのが嫌いなんですよ。生ぬるいものがすごく嫌いで、人間もなんですけど(笑)。しっかり意志を持ってほしいです。飲み物もあったかいならあったかい、冷たいなら冷たいってしてくれないと、私も気持ちが入らないっていうのがあって、冷蔵庫には普段から助けてもらっています。

―普段、電気料金の節約や節電を意識していますか?
“っぱなし”をしないように、しています!充電器差しっぱなしをしないようにしたりとか、電気はなるべく早く消してあげたいから、トイレも終わるなって思ったら先に消したりとか。あとは、実際お風呂って暗くても気持ちいいので、電気を消して入ったりして、気遣いをするようにしています。その度に本当に電気があって良かったって感謝しています。

―皆さんに向けてメッセージをお願いいたします。
こんにちは!りんご娘の王林です。この度なんと東北電力さんの新CM、70周年記念ご愛顧感謝キャンペーン得祭に出演させていただきました。嬉しい!ありがとうございます。どんな感じになっているかと言われましたら、すごく陽気な音楽に合わせて、実際に歌ったり、かけ声をかけてみたりとか、見てる人も絶対に楽しい気持ちなるようなCMになったと思います。
今回のキャンペーンというのは「よりそうeポイント」が抽選で最大39,000ポイントをもらうことができたり、電気代の基本料金が三ヵ月0円になったり、お得がいっぱいになっていますので、ぜひ皆さんもご参加ください!

■出演者プロフィール
王林(おうりん)
青森県弘前市出身。
ダンス&ボーカルユニット、RINGOMUSUME(りんご娘)のリーダー
メンバーの名前には全員りんごの品種名がつけられている。
王林は現在全国放送のバラエティ番組にも多数出演中!