第6回全日本レースラフティング選手権大会がラフティングの聖地「吉野川」徳島県三好市にて2021年11月27日(土)~28日(日)に開催 2022年5月、ボスニアにて開催のWorld Rafting Championship 2022への出場権をかけた熱き戦い

新型コロナウィルスの影響で大会の延期、中止が続く中、2021年11月27日(土)~28日(日)の2日間、徳島県三好市の「吉野川」大歩危小歩危エリアで「第6回全日本レースラフティング選手権大会」が開催される。

この全日本レースラフティング選手権大会は、2022年5月にボスニアでの開催が決定した「World Rafting Championship 2022」(主催:IRF)への出場権がかかっており、全国からラフティングの頂点を目指すアスリートが集まり、トップレベルの戦いが観られる。

徳島県三好市には、日本三大暴れ川、四国三郎の異名をもつ美しいエメラルドグリーンの水と数億年の時が作った深い渓谷・渓陵を目の当たりにする「吉野川」が流れる。

大会会場となる大歩危・小歩危エリアは観光スポットとして有名ではあるが、その世界最高峰の激流を求めて世界中からラフティングのアスリートが集合する。

【第6回全日本レースラフティング選手権大会|大会概要】
◯名 称:第6回全日本レースラフティング選手権大会
◯開催日程:2021 年(令和 3 年)11月27日(土)~28日(日)
◯競技場所:吉野川上流域(徳島県三好市)
◯主催: 一般社団法人地球のテーマパーク・一般社団法人日本レースラフティング協会
◯競技種別:4人乗り競技
◯年齢制限:15歳以上
◯カテゴリー:2カテゴリー ①ジュニア(23 歳以下) ②オープン(全年齢)の各男女
◯チーム構成:(選手 4 名、補欠選手 1 名、監督またはコーチ 1 名の計 6 名以内)
◯競技種目:JRF ルールに基づく 4 種目タイムレース SP(スプリント) H2H(ヘッドトゥヘッド) SL(スラローム) DR(ダウンリバー)
◯大会日程(11月 27日~28日) ※天候による日程変更有

11月27日(土)
7:30 受付@大会本部(WEST-WEST)
9:30 スプリント
10:45 H2H
14:15 ダウンリバー
16:00 キャプテンミーティング

11月28日(日) 
10:00 スラローム 1 本目
12:00 スラローム 2 本目
15:00 表彰式/認定式

※注 新型コロナウィルスの感染拡大の状況によっては、上記大会の延期や内容の変更などの可能性あり。

【第6回全日本レースラフティング選手権大会の見どころ】
●男子オープンカテゴリー
男子オープンは4チームがエントリー。国内唯一のプロラフティングチーム【テイケイ】が出場。2010年、2011年に世界選手権2連覇を達成した強豪チームだ。世界選手権出場の切符を勝ち取り、世界一奪還を目指す。ほかの3チームにも世界選手権出場、入賞者が参加し、熱く激しい戦いが見られる。

●注目度No.1!! 女子オープンカテゴリー
女子オープンは3チームがエントリー。最大の見どころは、地元三好市を拠点に活動する【The River Face】と日本一の激流吉野川小歩危を知り尽くしたリバーガイドで構成される【はちゅり】の戦いだ。2010年、2017年世界を制した【The River Face】を破り、【はちゅり】が世界選手権をつかみ取るのか!そして、もう1チームが【TRAKT(トラクト)】。2017年の世界選手権出場を目指し結成されたチームだ。中心メンバーは三好市の高校生、大学生。指導に当たるコーチは元世界女王の阿部雅代さん。今回は阿部もまさかの出場!さらに、阿部とともに2010年世界選手権を制した竹村碧(たけむら・みどり)が同じボートに乗り込む。

第6回全日本レースラフティング選手権大会:観戦ガイドは「まるごと三好観光ポータルメディア」をご覧ください。https://miyoshi-city.jp/2021/11/11057/