天津木村 応援団長として 自身初の詩吟CMで「いわて牛」をPR 移住先岩手で初のCM起用!「美味しい幸せ! いわて牛 あると思います!」

全国農業協同組合連合会岩手県本部(県本部長:髙橋司、以下JA全農いわて)は、岩手が誇るブランド牛「いわて牛」の県内外消費拡大に向けたPRのため、いわて暮らしアンバサダ―でもあるお笑いコンビ「天津」の木村卓寛氏を「いわて牛応援団長」として任命しました。

「いわて牛」は、澄んだ空気と水、本州最大の広さを誇る岩手県の肥沃な大地、そして一頭一頭を慈しむ、畜産農家のきめ細やかな愛情が育む高品質な黒毛和牛肉です。その品質は、東京食肉市場で開催される全国肉用牛枝肉共励会において、全国最多11回の日本一に輝くなど業界でもその品質は認められております。

今回、木村氏を起用し「いわて牛応援団長」の初仕事として、いわて牛をテーマに詩吟を吟じるCMを制作。
詩吟を吟じながらのCMは木村氏自身初めての試みとなり、かつ岩手でのCM起用は移住後初の出来事となりました。
岩手を象徴する広大な岩手山(標高2,038m)をバックに印象的なピンクの衣装を身に纏っておなじみの詩吟でいわて牛をアピールしています。

CMは、12月4日(土)より岩手県内にて放送のほか、JA全農いわての公式Youtubeアカウントにて閲覧することが可能です。また、WEB版では、CMでは言い切れない内容をフルバージョンで閲覧することができます。CMで見せる木村氏の演技力やいわて牛のお世話をしている一面など、いわて牛PRのために本気で吟じている姿に注目です。

◆CM制作秘話
・「いわて牛応援団長」就任のきっかけは木村氏の直談判!?
今回の「いわて牛応援団長」就任は、岩手に移住後に食べたいわて牛の美味しさに感動した木村氏が、全国農業協同組合連合会岩手県本部に直接お伺いいただいたことから実現しました。

・天津木村氏が実際にいわて牛の飼育体験
「いわて牛応援団長」に就任した木村氏は、JA全農いわてで運営しいわて牛を生産している和牛改良センター(岩手県滝沢市)を訪問しました。施設の職員と一緒に飼育されている牛たちへの餌やりなど飼育体験を通して牛とふれあい、学びを深めました。

・初づくし!自身初の詩吟CM&移住先岩手での初のCM起用
今回、いわて牛応援団長に就任した木村氏にさっそくCMのオファーを出し、快く承諾いただきました。企画の方向性は、木村氏とも話合い、いわて牛の消費拡大を目指して、いわて牛と木村氏の詩吟を取り入れた内容にて決定しました。木村氏の詩吟を活用したCMの実施は自身初めての試みとなり、移住先岩手での初めてのCM出演となりました。

【JA全農いわて 公式YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCmlv2V-SzrKh5UzhQ1m_0zQ