松岡昌宏さんが「人生の選択」と向き合う覚悟を問う『WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争』新TVCM 12月22日(水)より全国OA開始

株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田 洋祐)は、タクティカルRPG 『WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争』において、12月22日(水)15:00より新TVCM『人生の選択 松岡昌宏』篇の放映開始をお知らせいたします。それに合わせてTVCMのメイキングとインタビュー動画も公開いたします。

新CMは、「人生の選択」をテーマに、新CMキャラクターとして、アーティストであり俳優の松岡昌宏さんを起用しています。

「人生は、選択の連続だ。」から始まる松岡さんの言葉とともに映し出される、気持ちを揺るがす様々な選択。強い覚悟でそれらを振り払い、最終的に自分で決めた「第3の選択」をするというストーリーが描かれ、「その人生と向き合う覚悟はあるか」と語る松岡さんの声で締めくくられます。選択した人生に対する覚悟を問いかける、松岡さんのシリアスで覚悟を持った力強い表情にご注目ください。

放映開始日:2021年12月22日(水)15:00から
放映地域  :全国
CMタイトル:『人生の選択 松岡昌宏』篇

【TVCMインタビュー】
■CM撮影の感想は「贅沢な空間に感動」。CMの見所は「プロフェッショナルの塊みたいな幻想的な世界観」
CM撮影を終えた松岡さんに当日の感想をお伺いしたところ「このセット、よくビルの中でお作りになったなと思うととても贅沢な空間。みなさん一人ひとりの方がプロフェッショナルでいらっしゃるから、そこにすごく感動いたしました。」とスタッフ全員で作り上げていく今回のCM制作チームへの敬意を示しました。また本CMの見所について、「空気感と世界観じゃないですか。監督の頭にあったであろうプロットと、スタッフ1人1人がそれぞれのカットに時間をかけて撮っていましたから、プロフェッショナルの塊みたいなものがこの幻想的な世界観を作ったと思うので、その空気感はすごいことになったと思いますよ。」と完成するCMへの期待を語りました。

■自分の“人生最高の選択”は「1989年10月26日にこの世界に入った」こと
ゲームのストーリーに関して印象を尋ねたところ、松岡さんは「忙しい合間にゲームの世界観に入れる作品だと思う。どうなっていくか引き込まれる魅力があるのでとても楽しみ。」と語りました。続けて、作品のテーマである「人生の選択」について、「後悔した選択もあるのでしょうが、ないことにしています。失敗なくして今の人生はない。失敗が人生の良いエキスになると信じているので後悔はしていない。」と自身の体験を振り返りながらコメントしました。一方で、自身における最高の「人生の選択」を挙げると「1989年10月26日にこの世界に入ったとき。」と即答。当時を振り返って「先代の社長から『来てくれ』と電話で言われたとき、すべての人生が変わった。」と落ち着いた表情で語りました。また、自分が決断した一番大きな「人生の選択」も同じく「この世界に入ろうとしたこと。」とし、「小学校のときかな。この世界に入ろうと考えてすぐに送りました。その決断がいまここに座っている自分を作っている。」と迷いなくコメントしました。

■松岡さんが国王なら「気分で政策を決める国王」の誕生
もしもゲームの主人公のように一国の国王になったら、平和でのどかな国か、または戦闘的で領土拡大を狙う国かのどちらにしたいか尋ねると「その日のぼくの気分で決めます。」と無邪気に自身の政策方針を宣言。「今日は国民で飲みましょう。今日はみんな寝ましょう。今日はそろそろ働きましょう。」と、ここでも型にとらわれない松岡さんらしい第3の選択肢を選ばれました。また、最後に松岡さんのファンとゲームのファンに向けたコメントとして「このシリーズ、松岡がやらせてもらう新しい扉を開けることになると思いますので両方楽しんでいただけたらと思います。」と締めくくりました。

●対応OS:iOS/Android/Amazon
●ジャンル:タクティカルRPG
●公式サイト:http://www.jp.square-enix.com/WOTV
●ダウンロード
App Store:https://sqex.to/YPZ60
Google Play:https://sqex.to/pk00P
Amazonアプリストア:https://sqex.to/bacfH
●権利表記
© 2019-2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Co-Developed by gumi Inc.
LOGO ILLUSTRATION: © 2018 YOSHITAKA AMANO