アールイズ・ウエディングと秦 基博 新CM『さあ、幸せになる番だ。』を公開 大切な日に、大切な人たちと思いきり笑いあえる場所がここにある。楽曲はアーティスト秦 基博「綴る」を起用。2021年12月23日(木)よりオンエア。

海外・国内(沖縄)リゾートウエディングブランド「アールイズ・ウエディング」を展開する株式会社グッドラック・コーポレーション(本社:東京都目黒区 代表取締役:堀田和宣)は、2021年12月23日(木)より日本全国の花嫁を応援する新CM『さあ、幸せになる番だ。』と新キービジュアルを公開。

新型コロナウィルス感染症拡大に伴い、結婚式を思い通りにできなかったり、中止・延期せざるを得なかったカップルが多くいた中でも、アールイズ・ウエディングは2021年1月3日~2021年12月22日の約1年間で2,000組以上のリゾートウエディングを実施いたしました。十分な感染予防対策を心がけ、カップル・ご列席のゲストの皆様のご協力もあり、多くの笑顔と感動を届けることができました。

■新CMは生の結婚式の映像
新CMには『さあ、幸せになる番だ。』のメッセージとともに、アールイズ・ウエディングでご結婚式をされたご新郎様・ご新婦様の映像をアーティスト 秦 基博「綴る」にのせて、大切な人と過ごすかけがえのない瞬間を描いています。リゾートウエディングらしい開放的な雰囲気と青い空と海が煌めく景色、大切な人たちの見たことのない表情に囲まれながら、「もう、幸せをためらわない。」「この瞬間を、ずっと待ってた。」「ねぇ、お父さん。私が泣く前に、泣かないでよ。」「大好きなみんなと、この場所で、笑いたい。」のご新郎様・ご新婦様の心の声を表現しました。

■新キービジュアルは「結婚式」という幸せの場所に立つ花嫁をイメージ
新キービジュアルには、結婚式の象徴であるウエディングドレスを大きな花に見立てるために約8mのスカートを使用。リゾートらしい青い海と白い砂浜のロケーションの中で、色鮮やかな花びらが空から舞う立体感を表現しました。山田愛奈さんの溢れる笑顔はこれから訪れる前向きな祝福をイメージ。

  • アールイズ・ウエディング「沖縄ウエディングの祭典2022」開催決定

アールイズ・ウエディングでは、2022年全国のご新郎様・ご新婦様を応援します!
『さあ、幸せになる番だ。』のメッセージを込めて、イベントの開催・トラベル相談会を実施します。さらに期間限定のお得なプランや特典もご用意させていただきます。
■開催期間:2022年1月3日(月)~2月6日(日)まで
■開催場所:全国アールイズ・ウエディングサロン(全32店舗)
■対象会場:ザ・ギノザリゾート 美らの教会/瀬良垣島教会/白の教会/太陽が彩る自然の教会/奏の教会/葵の教会

<アールイズ・ウエディング概要>
・HP:https://www.arluis.com/
・Instagram:@arluiswedding #アールイズウエディング
※結婚式に関するご相談はリゾートウエディング相談カウンターご来店はじめ、オンラインも完備