エンケンさんが、孫娘を溺愛するキュートなじぃじを熱演!?俳優 遠藤憲一さんが『薬用せっけんミューズ』の新広告キャラクターに就任!

レキットベンキーザー・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区東五反田/代表取締役:シャイレッシュ・シュクラ)は、俳優 遠藤憲一さんが『薬用せっけんミューズ』の新広告キャラクターに就任することを発表します。

『薬用せっけんミューズ』は、1953年 に日本初の薬用固形せっけんとして誕生して以来、60年以上に渡り、幅広いバイ菌から家族を守ることを目指し、時代時代に合ったハンドソープを展開してきました。
子どもが色々なものに触れながら世界を学ぶことが重要な成長の鍵であると考え、好奇心旺盛な育ち盛りの子どもを育てるママに寄り添うべく、手をかざすと殺菌成分配合の泡が出るという「ノータッチ泡ハンドソープ自動ディスペンサー」を2012年から販売開始。また、「色が変わる泡*1ハンドソープ」も展開しています。

このたび、多方面で活躍中の遠藤憲一さんを新広告キャラクターに迎え、2月21日(月)より新TVCMの放映を開始します。手をかざすと自動で泡が出るディスペンサーや色が変わる*1泡ハンドソープといった薬用せっけんミューズについて、最愛の孫娘から教わる祖父役として登場。手洗いを、毎日の義務行為から、もっと楽しく自発的に取り組める衛生習慣として底上げすべく、遠藤憲一さんのコミカルな演技で薬用せっけんミューズの泡ハンドソープシリーズを印象付ける内容となっています。

さらに、撮影時の様子をおさめたメイキング動画も公開。遠藤憲一さんは、新広告キャラクター就任にあたり「薬用せっけんミューズといえば昔からとても有名なので、すごく嬉しく、光栄に思いました。天真爛漫な孫について行く、天真爛漫なおじいちゃんになっていますので、そこを楽しんでいただけたらと思っています。」とコメント。
今後は、遠藤憲一さんが出演する店頭ツールやWEBサイト、SNSでのコラボレーションにぜひご注目ください。

■遠藤憲一さんコメント
Q1:おじいちゃん役でのCM撮影はいかがでしたか?

薬用せっけんミューズといえば昔から有名な石鹸ですので、イメージキャラクターに就任はすごく嬉しく、光栄に思いました。CMでおじいちゃん役は初めてで、そういう世代になったんだな、と。孫役のななちゃんとは初対面で撮影に臨みましたが、彼女は昨日からもう現場に入って練習しているみたいで。もう自由奔放に我が家のように振る舞っています(笑)天真爛漫な孫について行く、天真爛漫なおじいちゃんになっていますので、そこを楽しんでいただけたらと思っています。

Q2:今回の薬用せっけんミューズは泡の色が変化*1しますが、遠藤さんが2022年に変化したいこと、挑戦したいことはありますか?
薬用せっけんミューズは、泡の色が変わっていくのがなかなか楽しい。ぜひそこを楽しみながら、手洗いをしてほしいです。新しくやりたいことは色々あります。去年からウォーキングで新しい道を探すことに女房と一緒にハマっていて、例えば都内とかね。東京駅ってだいたい移動のための駅じゃないですか。でもその周りがすごく楽しいっていうのが分かって。そういう場所を今年もいっぱい見つけてウォーキングしたいなって思っています。受験、就職、引っ越し、新生活などとにかく忙しいと思いますが、まずは手洗いをきちんとして、整えて、新しいことにチャレンジしてほしいと思います。で、手洗いは、色の変化を楽しみながら、色が変わるまでゴシゴシっとやって清潔にして、頑張っていきましょう!