“ためになる消費”が彩る豊かな日々を描く、「物以上の、物語を。」シリーズ 小松菜奈出演 ジャックス新CM2022年4月5日(火)より全国で放映開始

株式会社ジャックス(本部:東京都渋谷区、代表取締役社長:山﨑 徹、以下「ジャックス」)は、新たにイメージキャラクターに就任した小松菜奈さんを起用した新CM、「物以上の、物語を。」シリーズ全4篇、2022年4月5日(火)より全国で放映開始します。

新CM「物以上の、物語を。」シリーズは、“ためになる消費”をテーマに、新CMキャラクターの小松菜奈さんが買い物を通じて、彩り豊かな日々を送っている様子を描いています。本シリーズでは、以下4つの生活における消費の形を描いたCM内容となっております。
「カメラ」篇―「今を忘れたくないから、カメラを買った。」という言葉と共に、楽しそうに公園の子供たちを撮影し、幸福な瞬間を切り取ろうとする姿を描く。
「キャンプ道具」篇―「深呼吸するために、キャンプ道具を買った。」という言葉と共に、ゆっくりと深呼吸をし、ソロキャンプを通じて自分と向き合う姿を描く。
「包丁」篇―「一生ものの、包丁を買った。」という言葉と共に、包丁で野菜を切って朝食を作る姿を描く。
「フランス語」篇―「エスプリが知りたくて、フランス語を学ぶ。」という言葉とともに、流暢なフランス語で楽しそうに先生と会話する姿を描く。

全4シリーズにて共通して小松さんが問いかけている「かけがえのない時間の中であなたは何を買いますか?」という言葉がとても印象的で、買い物の先にある「物語」の序章を感じさせるCMとなっています。それぞれのシーンで魅力的な表情を見せる小松さんにぜひご注目ください。

■撮影エピソード&ご本人コメント
小松菜奈さんご本人が実際に「買いたい物」を題材にし、CM撮影が行われました。
撮影の合間に、子供たちと縄跳びをして遊んだり、キャンプファイヤーで焼いたマシュマロを楽しんだり、和やかな雰囲気で撮影は進行しました。

また、小松さんからも「私の興味のある色々なシチュエーションでの撮影だったこともあり、お芝居というよりも自然体の私が映っていると思います。ぜひ、ご覧いただけたら嬉しいです。」という本CMへの期待感を抱くコメントが寄せられました。

■小松菜奈さん プロフィール

1996年2月16日生まれ、東京都出身。女優、モデル。

映画『渇き。』(2014年)で日本アカデミー賞新人俳優賞など数々の新人賞を受賞。
近年の出演作に『閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー』『糸』『さくら』『ムーンライト・シャドウ』『恋する寄生虫』などがある。W主演映画『余命10年』が大ヒット上映中。