9月18日開催「世界最大の竹あかりの祭典/みんなの想火」、2022年のテーマ「むすぶ、ひらく。」のキービジュアルを公開。

「みんなの想火」プロジェクトとは、日本全国47都道府県で「竹あかり」に平和の願いを込めて同日に灯すことを通じて、自分たちのまちに本気で向き合う意思を持った仲間を地域の垣根を超えて全国で繋いでいくプロジェクト。2022年「むすぶ、ひらく。」のキービジュアルは、ロープアーティストのHajime Kinoko x 車椅子モデル・葦原海 x「竹あかり」という初のコラボレーションによって制作。2022年9月18日に全国で「竹あかり」を灯すリーダー・47サムライは5月21日まで一般公募中です。

日本全国47都道府県で「竹あかり」に平和の願いを込めて同日に灯すことを通じて、自分たちのまちに本気で向き合う意思を持った仲間を地域の垣根を超えて全国で繋いでいく「みんなの想火(そうか)」プロジェクトの、2022年キービジュアルが2022年5月9日(月)に発表となりました。

2022年のテーマは「むすぶ、ひらく。」

キービジュアルは、ロープアーティストのHajime Kinokoさん x 車椅子モデル・葦原海(あしはらみゅう)さん x「竹あかり」という初のコラボレーションによって制作。「竹あかり」が灯る竹林に、赤い縁(ロープ)をむすんで日本地図を描き、そこに日本古来から伝わる垣根を超える象徴的存在としてかぐや姫(葦原海さん)が闇夜の竹林の中、赤い糸で紡がれた日本列島に降臨した姿が描かれています。

2020年に開始した「みんなの想火」プロジェクトも、開催3年目の今年が集大成。全国の絆をより深く、強くむすび、それぞれのまちの未来のために協力しあえる仲間のネットワークをさらに拡大・強化してまいります。

そんな2022年の「みんなの想火」は、世界竹の日である9月18日に開催予定。全国各地で共に灯してくださる地域リーダーを5月21日まで募集中です。詳しくは公式ウェブサイト(https://47akari.jp/)をご確認ください。

【キービジュアル制作チームクレジット】

池田親生(Chikao Ikeda) CHIKAKEN  Producer
佐藤かつあき(Katsuaki Sato)  Katsuaki inc.  Creative director
関尚美(Naomi Seki)  関尚美デザインオフィス  Art director / Artist
はじめきのこ(Kinoko Hajime)  Shibari / Rope Artist
<assistant>
ZIMA(Team Ropes/rope assistant)
Ludo(Team Ropes/rope assistant)
葦原海(あしはら みゅう)  Myu Ashihara  Model
澤田直大(Naohiro Sawada)  Photographer
毛利仁美(Hitomi mouri)  Tierra  Hair make
仲次達也(ナカスタツヤ)  Nakasu Tatsuya  イニタリー  Drone

<撮影強力>
若山農場  株式会社ワカヤマファーム  Wakayama Farm  撮影場所(竹林)
CHIKAKEN  Bamboo Lights  竹あかり(協力)