=LOVE全国ツアー2022「どう考えても、君ってイコラブのこと好きじゃん」 を完走! ツアーファイナルで初の沖縄公演を開催し、=LOVE、≠ME、≒JOYの3組による合同フェス「イコノイジョイ 2022」開催をサプライズ発表!

指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ=LOVE(イコールラブ)。4/3(日) 「苫⼩牧市⺠会館」での初の北海道公演を皮切りに、全国10都市18公演を駆け抜けた全国ツアー2022「どう考えても、君ってイコラブのこと好きじゃん」は、5/21(土)=LOVEにとって初の沖縄公演となる「那覇⽂化芸術劇場なはーと ⼤劇場」にて、遂にツアーファイナルを迎えた。

沖縄公演は、新型コロナ感染予防対策を徹底の上、「昼の部」「夜の部」の2公演を開催。大谷映美里がセンターを務める小悪魔でセクシーなダンスナンバー「Poison Girls」からライブはスタートし、代表曲「ウィークエンドシトロン」、「ズルいよ ズルいね」はじめ、先日MVが500万回再生を突破し、TikTokで話題の佐々木舞香センター曲「しゅきぴ」、「夏祭り恋慕う」他、MC無しで終盤まで19曲を畳みかけるように披露した。ステージ上に設置された3段のLEDモニターでは、当ツアーのために特別に制作・撮影された曲に合わせたCG演出やメンバーのドラマシーン、スペシャルなメンバー歌唱シーンなど、盛りだくさんの豪華演出がパフォーマンスと相まって、ステージ上を大いに盛り上げた。

本編ラストは、齊藤なぎさの「最後の最後まで盛り上がっていきましょう!」との掛け声と共に、=LOVEの代表作「青春”サブリミナル“」を披露した。齋藤樹愛羅は「本当にあっという間で悲しいけど、全部が宝物になりました!沖縄サイコー!」と、初の沖縄公演の感想を語った。

「夜の部」のアンコール明けには、来週5/25(水)に発売を控える11hシングル「あの子コンプレックス」収録の新曲4曲を続けて披露。佐々木舞香・野口衣織・諸橋沙夏によるユニット新曲の「知らんけど」では、″本気の愛を願いながらも、今の曖昧な関係から抜け出せない、複雑な心境を描いた大人の恋愛ソング“を、マイクスタンドを使用した斬新なパフォーマンスで魅了。

その後、ステージ上LEDでは特報が流れ、昨年10月に=LOVEと≠ME(ノットイコールミー)2組で開催された合同フェス「イコノイフェス2021」が、今年は新たに誕生した第3のグループ「≒JOY」(ニアリーイコールジョイ)も加わり、さらにスケールアップし、7/3(日) 「富士急ハイランド・コニファーフォレスト」にて「イコノイジョイ 2022」として、昼、夜の2公演で開催されることがサプライズ発表された。熱い熱気に会場が包まれる中、佐々木は「合計35名みんなで、″イコノイジョイ 2022″盛り上げていきたいと思います。みんな覚悟しとけよー!」と合同フェス開催の喜びと意気込みをコメントした。

今年、結成5周年を迎え、ライブパフォーマンスにもより磨きがかかり、飛躍し続ける=LOVE。
来週5/25(水)には、いよいよ11枚目のニューシングル「あの子コンプレックス」のリリースを迎える。
7月に開催される「イコノイジョイ 2022」の続報もぜひ期待して待ちつつ、今後の=LOVE、「≠ME」、「≒JOY」の動向に、ぜひとも大注目だ。

■7/3(日) イコノイジョイフェス 2022 @富士急ハイランド・コニファーフォレスト
昼「ウォーターパーティー」
夜「シャッフルパーティー」
※詳細はHPで情報をチェック https://equal-love.jp/