先入観をくつがえすスキンケアライン アテニア『ドレススノー』。小西真奈美さん出演TV-CMが、新テーマで登場!「真逆のエイジングケア」篇。5月30日(月)より関東・関西・中京エリアでオンエア

株式会社アテニアは、2021年4月に発売し人気を博している、薬用美白※1 ・エイジングケア※2ライン『ドレススノー』の新TV-CMを、2022年5月30日(月)より、関東・関西・中京エリアにて放映します。また、YouTubeでは全国的に放映します。

「美白もエイジングケアも、どちらも叶えたい!」と思っていても、どちらかを優先して選ぶしかなかった大人女性の実態に着目し、「選ぶストレス」からの解放を目指して開発された、美白とシワ改善の“W効能※3”スキンケアライン『ドレススノー』。
そのTV-CMに、新テーマ「真逆のエイジングケア」篇が登場。
前回CMに続き、大人女性の憧れである小西真奈美さんを起用し、華麗に回る姿で「真逆」「先入観をくつがえす」を表現。
これまで、美白ケアかシワ改善かを選んできた・美白ケアでは保湿力が足りない・エイジングケアは続けられない・・・といったさまざまな先入観をくつがえす商品である『ドレススノー』をプロモーションします。

※1:「美白」とは、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ効果のこと。
※2:「エイジングケア」とは、年齢に応じたケアのこと。
※3:W効能は、ナイアシンアミドによるもの。

  • CM STORY

多くの大人女性が持つ「美白ケアかエイジングケアのどちらかを重視する」という二者択一の視点。
そんな「エイジングケアの常識」に疑問を呈する、黒ドレスを身に纏った小西真奈美さんが一瞬で白ドレスに衣装を変え、宙を舞い回転する姿を美しく映像化し、本テーマの核である「真逆」感を表現。「どちらかを選ぶ」のではなく「どちらも叶える」という新たな価値提示を目指しました。
「真逆」を表現した小西さんが宙を舞うパートは、10年以上続けているバレエのスキルを活かしたパフォーマンスのおかげで、非常に印象的なものとなっているので要注目です!
そしてこの白いロングドレス、実は5メートル以上(!)の長さだったため、非常に大掛かりなセットでの撮影となっています。
その撮影風景を収めたメイキングムービーも、ぜひチェックしてください。

小西 真奈美
1978年10月27日生まれ。
1998年につかこうへい演出の舞台『寝盗られ宗介』でデビュー。
数々の映画作品で、ブルーリボン賞新人賞、日本アカデミー賞新人俳優賞、第6回沖縄国際映画祭主演女優賞などを受賞。
その美しい容姿とはつらつとした人柄のギャップによりバラエティでも注目され、TV・ドラマ・映画・舞台を中心に活躍。
2016年より音楽活動も開始。
2022年から『CCJ』(The Choreographic Center of Japan)のクリエイティブディレクターに就任。

  • ドレススノーとは

「美白」と「シワ改善」を同時に叶える“W効能”スキンケアライン。
30年に渡るエイジングケア専門研究で発見した「メラノナビゲーション機能」を新開発。

主な成分
(ドレススノー共通成分)
推進性カテキン 【独自機能成分】:彷徨いメラニン誘導。メラノナビゲーション機能促進
ナイアシンアミド 【有効成分】:美白・シワ改善の有効成分
サーチュライザーS6r 【独自機能成分】:長寿遺伝子(サーチュイン6)の発現関与
タイムブレスDN 【独自開発】:時計遺伝子に着目した、美肌に導く成分
発酵コラーゲン【独自原料】:角層すみずみにすばやく浸透する、小さい分子のコラーゲン

(ローション独自成分)
アミノセラミド:植物由来の柔軟・浸透促進成分
(デイエマルジョン独自成分)
摘果グレープフルーツエキス:細胞ディフェンス作用のある「ビタミンD受容体」の発現関与
(ナイトクリーム独自成分)
バイオグリコーゲン:低分子の球状ナノ分子で肌のすみずみまで浸透し、細胞を元気にする成分

※「美白」とは、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ効果のこと。
※「エイジングケア」とは、年齢に応じたケアのこと。
※W効能は、ナイアシンアミドによるもの。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アテニアドレススノーローション 150ml
価格:3799円(税込、送料無料) (2022/6/1時点)

楽天で購入

 

 

地球へのやさしさはもちろん、大人女性の忙しい日常を考え、詰替え時の利便性、使いやすさ、さらに見た目にもこだわったエコ容器を実現。
ローションは、特殊な真空構造で最後の一滴まで使いきれる仕様で、残量に伴って小さくなるので捨てる際にはゴミも減容化できるという、類を見ない形状です。
ナイトクリームは、ただ簡素化したたけではなく、専用容器の底には大胆にも大きな穴を開け、力を入れなくても底の穴から軽く押すだけでレフィルの取り外しが可能。交換時のストレス軽減も見据えた形状です。
アテニアは、こういった取り組みを1995年から実践しています。