大沢あかねさん、佐野勇斗さんが姉弟役で初共演 実は佐野さんも育児経験アリ!?赤ちゃんとのCM撮影でさすがのママ力を発揮する大沢あかねさんとあやし上手の佐野さんに注目

シースター株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山藤 清隆)は、タレントの大沢あかねさん、俳優の佐野勇斗さんを起用した、ベビー向け家庭用医療機器「BabySmile」のブランドCMを、2022年6月8日(水)から全国で放送します。

このCMは、今回が初顔合わせ、初共演となる大沢あかねさんと佐野勇斗さん扮する姉弟を主人公に、赤ちゃんの健康を想う家族の愛を描いたCMとなっています。
まだ幼い息子に「BabySmile」の小児用電動歯ブラシを使う姉をみて驚いた弟に、「今日の健康づくりは、赤ちゃんにとって将来の健康の基礎づくりである」ことを語る姉。たくさんの製品が溢れる現代だからこそ、家族のために製品選びにこだわる愛情溢れる日常の1シーンをご覧ください。

タイトル:ベビースマイル「100年の健康を想う」篇(15秒、30秒)
放映開始日:2022年6月8日(水)
放映地域:東京都、山口県

〈CMストーリー〉
大沢あかねさん演じるお姉ちゃんと佐野勇斗さん演じる弟は、姉が結婚して子育てを始めても交流のある仲良し姉弟。
姉の家に泊まりにやってきた弟が夕食を食べているところに、リビングに入ってきたのは赤ちゃんを抱っこしたお姉ちゃん。手には、7色に光るベビースマイル レインボー(小児用電動歯ブラシ)。それを見て弟は、「何それ、電動!?」「まだ赤ちゃんじゃん」とびっくり。すると姉は、「今日の健康は、将来の健康なんでちゅー」と、赤ちゃん時代の健康を守ってあげることは、その先の将来の健康にも影響する大切なことなのだ、と親の愛情たっぷりの信念を語ります。赤ちゃんも楽しそうに自分で歯ブラシを持ち、口に運んでご満悦。そんな幸せそうな親子の姿を見て、弟は思わず「愛されてるなぁ」と赤ちゃんに語りかけるのでした。
まるでブランドロゴの赤ちゃんマークのように素敵な笑顔を見せる赤ちゃんの表情にも注目です。

〈撮影エピソード〉
子育て家族のアットホームな生活感を再現したハウススタジオでの撮影となった今回のCM。
大沢さんはチェック柄のカジュアルなワンピース、佐野さんは青と白のスウェットという、家族どうしらしいリラックスした衣装で撮影されました。
私生活でも3人のママである大沢さんは、共演した赤ちゃんにおもちゃをプレゼント。ぐずった赤ちゃんをあやすのもお手の物で、母親らしい一面が垣間見えました。また今回の監督も子どもを持つママで、大沢さんとの子育てトークに話に花が咲く場面もありました。
佐野さんは遊びだした赤ちゃんの近くにあったコップを、倒さないようにサッと移動させたり、変顔をして見せたり、慣れてくると抱っこをせがまれるなど、すっかり赤ちゃんと打ち解けていました。
おもちゃで喜ぶ赤ちゃんにお二人が赤ちゃん語で話しかける様子に、スタッフもすっかり癒された撮影となりました。

公式オンラインショップ:https://shop.babysmile-info.jp/

コーポレートサイト:https://www.seastar.co.jp/