ヤマハの青い除雪機×東映スーパー戦隊ヒーロー歴代ブルー戦士  コラボCM 2019年版を放送開始! ブルーの戦士が2名加わった新バージョン! 北海道、東北、長野、新潟からスタート

ヤマハモーターパワープロダクツ株式会社(所在地:静岡県掛川市、代表取締役社長:市川 尚友)は、2019年9月1日から、全国の降雪エリアで随時、ヤマハの「青い除雪機」と東映 スーパー戦隊ヒーローの歴代“ブルー”がコラボレーションしたTVCMを展開。まずは、北海道、東北(福島、宮城は除く)、長野、新潟から限定スタートし、随時放送エリアを拡大していく予定です。

昨年の「除雪は青の時代」篇に続いての続編として、大雪で大変な場所に向けて、初代青の戦士「アオレンジャー」の掛け声のもと「ヤマハ青い除雪機」を発進させるストーリー。歴代5戦士に加え今年は更に新しいブルー戦士も登場しています。

また、除雪機の販売店やホームセンターでもポスターやPOPで青のコラボレーションを展開。大雪には頼れる「青」ということを、今年も東映スーパー戦隊ヒーロー歴代ブルー戦士の応援でPRしていきます。

ヤマハ除雪機は、1978年に販売を開始して以来、除雪性能や信頼性の高さ、扱いやすさで降雪地域の家庭などに幅広く普及。白い雪面に映えるブルーのボディカラーから“青い除雪機”と呼ばれ、親しまれてきました。一方東映スーパー戦隊ヒーローシリーズも1975年から放映されている人気シリーズ。両社のイメージカラー“青”にちなんだこの企画、ヤマハの青い除雪機とのコラボで、様々な世代の方にとって思い出深いスーパー戦隊ヒーローシリーズの歴代ブルー戦士に集合してもらい今シーズンも除雪機市場を盛り上げていきたいと考えております。

<YSFシリーズ紹介ムービー>

https://youtu.be/m0QdrnaYXvc