新CMキャラクター・石原さとみさん登場 力強い視線に釘付け!絶妙な表情にも注目 つらい頭痛に「ロキソニン®Sプレミアム」 新TV-CM『事実。期待をこめて』篇、『事実。自信がおありで』篇 2020年12月1日(火)より全国で放送開始

第一三共ヘルスケア株式会社(本社:東京都中央区)は、速さ、効きめ、やさしさを同時に追求した、シリーズ最高処方の鎮痛薬「ロキソニンSプレミアム」の新イメージキャラクターに、女優の石原さとみさんを起用、新TV-CM『事実。期待をこめて』篇、『事実。自信がおありで』篇(各15秒)を制作、12月1日(火)より全国で順次放送します。
※ロキソニンS内服薬シリーズで最も有効成分数が多い処方

今回のTV-CMでは、“事実”というキーワードのもと、速さ、効きめ、やさしさを追求し、つらい頭痛に効く「ロキソニンSプレミアム」の価値をストレートに表現しました。製品名や上質なパッケージ、説明書きから、効きめの強さを感じ取り、開発メーカーに対して期待を込めたメッセージとともに呼び掛けるのは石原さとみさん。凛とした雰囲気や佇まい、そして何より女優としての芯の強さが「ロキソニンS内服薬シリーズ最高処方」の製品イメージと合致することから、この度の起用に至りました。パッケージをまじまじと見つめた後、カメラ目線で問いかけるように印象的な言葉を投げかけながらも、その中にしっかりと効果への期待を込める、絶妙な表情やリアクションにご注目ください。
 ※ロキソニンS内服薬シリーズで最も有効成分数が多い処方

なおロキソニンSプレミアム公式サイトでは、CM動画のほかメイキングムービーもご覧になれます。
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_loxonin-s/naifuku/cm/premium.html

◇ 石原さんらしい“素のリアクション”を意識したCM撮影
石原さんが今回のCMで演じるのは、「ロキソニンSプレミアム」を初めて手に取った、いち頭痛薬ユーザーという役どころ。CMキャラクターとして作られたものではなく、頭痛に悩む女性として、また頭痛薬に期待するユーザーとして、彼女が実際に浮かべそうな表情や発しそうな言葉など、石原さんらしい“素のリアクション”を意識しながら、臨場感のある映像を追求しました。CMの後半、石原さんが製品を納得したような面持ちで見つめたり、光にかざしたりするシーンはその場のアドリブで、説得力を持たせる演技だったことから、本編に採用することとなりました。

◇ 制作サイドの狙いを理解した的確なお芝居に視線くぎ付け!
今回の演出で難しいポイントが、「期待していいんですよね」「よほど自信がおありなようで」というセリフ。言い方や表情次第では、途端に「言わされている」ように見えてしまいます。ところが、石原さんは1テイク目から持ち前の集中力と演技力を発揮し、制作チームの不安をまたたく間に払拭。監督が指示する各カットの狙いや、自分に求められる役割を的確に理解し、時にはワンテイクでOKが出ることも。その演技があまりにも自然だったため、いつもは冷静な監督も終始「最高」「素晴らしい」と連呼し、周りの関係者も思わず「すてき」「きれい」とつぶやく場面が何度も見られました。