【J:COM×時代劇専門チャンネル 共同制作】「三屋清左衛門残日録 ―陽のあたる道―」2021年9月20日(月・敬老の日)TV初放送! 北大路欣也主演 大ヒットオリジナル時代劇シリーズ最新第5作

JCOM株式会社(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石川 雄三)と、「時代劇専門チャンネル」を運営する日本映画放送株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石原 隆)は、昨今制作が少なくなった時代劇を応援し盛り上げるため、共同制作第3弾のオリジナル4K時代劇「三屋清左衛門残日録 陽のあたる道」を制作し、2021年9月20日(月・敬老の日)に「日本映画+時代劇 4K」にて放送します。さらに、これを記念して9月から、4Kオリジナル時代劇や4Kリマスターでよみがえらせた初出しを含む名作30作以上を集中編成。時代劇を知らない世代から懐かしむ世代まで楽しめる、伝統×先進映像技術の調和が生み出す、最高のエンターテインメントを提供いたします。

©️時代劇専門チャンネル/JCOM/時代劇パートナーズ

©️時代劇専門チャンネル/JCOM/時代劇パートナーズ

「三屋清左衛門残日録」は藤沢周平の傑作長篇小説を原作に、老境の人間模様を温かな視点で描くオリジナル時代劇シリーズです。NHK大河ドラマ「青天を衝け」で徳川家康を好演中の北大路欣也が主役を演じます。巡りゆく季節の中で、変わらない人の想いを鮮烈に描き出す、今この時代にこそ届けたい新たな「残日録」。4K放送が実現する、高精細な映像、豊かな色彩表現は、自然の美しさやろうそくの灯まで当時のままに映し出します。

放送を記念して、J:COMの特設サイトからの申込者限定で、指定のTVサービスにご加入いただいた方の中から、抽選で15名の方にQUOカードPay1万円分をプレゼントするキャンペーン(*)を実施します。
* キャンペーンの条件詳細は特設サイト(https://www2.myjcom.jp/special/tv/drama_jidaigeki/mitsuya5/)内でご確認ください。

これからもJ:COMと時代劇専門チャンネルは、両社にしか提供できない価値を探求し新しい挑戦を続け、時代劇を応援してまいります。映像が身近になった現代だからこそ、伝統を引き継ぎ、進化させていく取り組みは意義深く、大勢の想いが一つに集結し創り上げられた“日本が誇る時代劇”の2021年最新作を、ぜひ4Kでお楽しみください。

  • 「三屋清左衛門残日録 陽のあたる道」

2021年9月20日(月・敬老の日) よる7時 TV初放送
・「日本映画+時代劇 4K」 (J:COM TV 436ch)
・「J:COMプレミアチャンネル」 (J:COM TV 299ch)ではHD版を同時放送
※再放送:「日本映画+時代劇 4K」(J:COM TV 436ch) 9月26日(日) ひる12時ほか

  • WEBサイト

・「三屋清左衛門残日録 陽のあたる道」公式サイト https://www.jidaigeki.com/mitsuya5/
・J:COM 特設サイト https://www2.myjcom.jp/special/tv/drama_jidaigeki/mitsuya5/

  • 場面写真

©️時代劇専門チャンネル/JCOM/時代劇パートナーズ©️時代劇専門チャンネル/JCOM/時代劇パートナーズ

©️時代劇専門チャンネル/JCOM/時代劇パートナーズ©️時代劇専門チャンネル/JCOM/時代劇パートナーズ

©️時代劇専門チャンネル/JCOM/時代劇パートナーズ©️時代劇専門チャンネル/JCOM/時代劇パートナーズ

©️時代劇専門チャンネル/JCOM/時代劇パートナーズ©️時代劇専門チャンネル/JCOM/時代劇パートナーズ

©️時代劇専門チャンネル/JCOM/時代劇パートナーズ©️時代劇専門チャンネル/JCOM/時代劇パートナーズ

©️時代劇専門チャンネル/JCOM/時代劇パートナーズ©️時代劇専門チャンネル/JCOM/時代劇パートナーズ

  • あらすじ

桜の花がほころび始めた春の頃、清左衛門は生まれたばかりの孫とのふれあいを何よりの楽しみとして、穏やかな日々を過ごしていた。ある日、清左衛門を訪ねてきた江戸詰めの近習頭取から、十年前に御納戸頭・半田守右衛門が起こした収賄事件が、実は濡れ衣だった可能性があると聞かされる。さらに、頼まれて半田の行状を調べていくうちに、思いもよらぬ事実を知ることになる。同じ頃、かつての道場仲間で、過去の失態により不遇のまま隠居となった清成権兵衛と再会する。清成の誘いで道場の同輩・植田与十郎も交えて酒を酌み交わし、剣の手合わせをして旧交を温めるが、その矢先、藩内の派閥争いを根とする事件が起こり…。家族と共に生きる悦び、旧友たちとの思い出、そして彼らが抱える複雑な思いなど、清左衛門の心の中を様々なものが去来していく。
「日残リテ昏ルルニ未ダ遠シ―」