伊吹有喜『今はちょっと、ついてないだけ』公開日決定!ポスタービジュアル&主題歌解禁!原作・光文社文庫も全面新帯にリニューアル!

昨年、伊吹有喜『今はちょっと、ついてないだけ』(光文社文庫 刊)を原作として、千葉県茂原市、長野県千曲市、愛知県幸田町、長崎県島原市の4都市連携により製作された映画『今はちょっと、ついてないだけ』が完成し、4月8日(金)より新宿ピカデリー他 全国順次ロードショーすることが決定!

合わせて、ポスタービジュアル、主題歌が情報解禁となり、原作の光文社文庫も映画のビジュアルを使用した全面帯にリニューアルしました!

  • 重ねる日々に見出す希望の物語

かつて秘境を旅する番組で人気カメラマンとして脚光を浴びながら、表舞台から姿を消した立花(玉山鉄二)。彼に写真を撮る喜びを思い出させ、以前とは違う形で再び自然へと導いたのは、シェアハウスに集う不器用な仲間たちとの笑顔の日々だった。失職した元テレビマンの宮川(音尾琢真)、将来を悩む美容部員の瀬戸(深川麻衣)、復活を望む芸人の会田(団長安田)。立花も彼らも、ゆったり流れる時間の中で、それぞれの“心が本当に求めるもの”を見つけ出そうとしていた…。

部屋に差し込む朝の光、コーヒーの香り、湖を渡る風…。シェアハウスと自然を舞台に、ゆったり流れる時間の中で、日々を丁寧に生きようとする不器用な大人達の輝きを見つめる映画が誕生した。

かつてはスター・カメラマンだった寡黙な主人公を演じるのは、『カフーを待ちわびて』以来13年ぶりの映画主演となる玉山鉄二。シェアハウスの仲間達に音尾琢真、深川麻衣、団長安田(安田大サーカス)、ほか高橋和也らが顔を揃える。『四十九日のレシピ』他が映像化された作家・伊吹有喜の同名小説(光文社文庫 刊)を原作に、『パーフェクトワールド 君といる奇跡』の柴山健次が監督を務めた。ままならない現実を「今はちょっと、ついてないだけ」と受け入れ、“心が本当に求めるもの”を重ねる日々に見出していく丁寧な生き方が、心をそっと幸せで満たす。

映画公開に向け、原作・光文社文庫『今はちょっと、ついてないだけ』も解禁されたポスタービジュアルを使用した全面帯にリニューアル。書店展開を開始いたします。

【内容】
バブルの頃、自然写真家としてもてはやされた立花浩樹は、ブームが過ぎると忘れられ、所属事務所に負わされた多額の借金を返すうちに四十代になった。カメラも捨て、すべてを失い。自分が人生で本当に欲しいものとは、なんだったのか? 問い返すうち、ある少女からの撮影依頼で東京へ行くことになった浩樹は、思いがけない人生の「敗者復活戦」に挑むことになる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

今はちょっと、ついてないだけ (光文社文庫) [ 伊吹有喜 ]
価格:682円(税込、送料無料) (2022/2/25時点)

楽天で購入

 

 

【書籍詳細】 
書名:今はちょっと、ついてないだけ
著者:伊吹有喜
発売:光文社
定価:682円(税込み)
判型:文庫判ソフト

主人公・立花浩樹を演じる玉山鉄二が、長野県飯山市北竜湖で、美しい緑の木々をバックにカヌーを操るシーン、そして、千葉県茂原市に本作のため準備されたシェアハウスの前で、仲間達である音尾琢真、深川麻衣、団長安田と4人の笑顔が印象的なシーンを組み合わせた、色鮮やかなビジュアルが完成しました。
また、登場人物それぞれの人間模様を映し出す場面写真(7点)もあわせて解禁。