「音の風景」で地方創生! 地域応援プロジェクト『EMOCAL』第8弾・埼玉県長瀞町の「岩畳(いわだたみ)」の動画を公開

株式会社viviON(所在地:東京都千代田区、代表取締役:明石耕作)は、その地でしか聞くことのできない魅力的な「音の風景」を全国へ発信する地域応援プロジェクト『EMOCAL』の取り組みとして第8弾・埼玉県秩父郡長瀞町にある名所「岩畳(いわだたみ)」のASMR動画を公開いたします。

EMOCAL特設ページ:https://catchystuck.jp/emocal/

ZOWAのオリジナルレーベル・CatchyStuckが手掛ける『EMOCAL』は、各地の「音の風景」を用いたASMR動画をとおしてその地域の魅力を全国に発信していく地域応援プロジェクトです。

各地で聞こえる「音」をその地域の財産と捉え、地域の方へはコロナ収束後の観光の一助として、ASMRファンには各地域の魅力に触れるきっかけになって欲しいという2つの想いを込めてASMR動画の制作、公開に取り組んでいます。

これまでに、群馬県渋川伊香保温泉、石川県能登町、新潟県佐渡市、島根県安芸市、愛媛県松山市、静岡県静岡市、神奈川県小田原市の魅力をお届けしてまいりました。

今回、プロジェクトの第8弾として、あらたに埼玉県秩父郡長瀞町の動画を公開いたします。

動画は、ZOWAをはじめ、YouTube、ニコニコ動画など各種動画サービス上でご覧いただけます。

観光地としても名高い長瀞。
秩父鉄道「長瀞駅」から徒歩で7分程歩いたところに、長瀞渓谷の岩畳があります。
大正13年(1924年)国指定の名勝・天然記念物に指定された岩畳は観光地としてだけではなく、地下深くの岩石を地表で観察できることから「地球の窓」とも呼ばれており、重要な地質資源を観察できる地域として『日本地質学発祥の地』と言われています。
乾燥した岩場・湿った水辺等、様々な自然環境が揃っている岩畳では、多種多様な動植物を見ることができます。希少なアカトンボ「キトンボ」や日本の国蝶にも選ばれた「オオムラサキ」も生息しており、多様な動植物が環境に適応している姿からも岩畳の自然の深さをうかがうことができます。

【EMOCAL_秩父郡長瀞・荒川の音】
EMOCALでは長瀞渓谷・岩畳と秩父赤壁の間を流れる荒川の音を収録しました。
多種多様な動植物が観察できる、風光明媚な長瀞渓谷の自然を「音」から感じることができます。

ZOWA版    https://zowa.app/play/20020

【協力】
○ 埼玉県 環境部 水環境課
浄化槽・豊かな川づくり担当/水環境担当
SAITAMA/リバーサポーターズ
https://saitama-riversupporters.pref.saitama.lg.jp/

○長瀞町観光協会 公式サイト
https://www.nagatoro.gr.jp/

○株式会社SCHEMA(スキーマ)
https://llschema.com/