川島なお美生前残された唯一のミュージックビデオ「Actrice」歌手デビュー日である4月21日配信開始!

2015年、女優としてタレントとして人気絶頂の中、54歳という若さでこの世を去った川島なお美。

その早すぎる死から約6年半、彼女のもう一つの顔であった「歌手」として残したラスト・シングルにして唯一のミュージックビデオ作品「Actrice」(読み方:アクトリス)が、本日4月21日YouTubeで配信が開始されました。
4月21日は、川島なお美にとって1979年にキャニオンレコードから歌手デビューを飾った記念すべき日。この度配信された「Actrice」は、2009年、デビュー30周年でプライベートでも入籍という記念すべき年に発売されたシングルで、歌手としては実に11年ぶりの新曲のリリースでした。そして、“歌手・川島なお美”として初めて且つ唯一となってしまったミュージックビデオ作品となります。

「Actrice」はフランス語で「女優」という意味。作詞はペンネーム「鎧塚小々夏(読み方:ヨロイヅカココナツ)」として川島なお美本人が手掛け、小悪魔的に可愛らしく「オンナはみんな女優よ」と歌います。結婚を控え“女性”としての最高に幸せな時期に撮影したメイキング映像には、ミュージックビデオの貴重な撮影風景が収められ、真剣な表情や、スタッフからのリクエストに「私やったことないんだから~」と無邪気な笑顔も。そして11年ぶりに歌手活動を復活したことへの思いも語っています。
CDではカップリングに収録された「偶然の後で」は、作詞家・秋元康氏が川島なお美への結婚のお祝いで書き下ろした心あたたまる感動のバラード。告別式の出棺時に会場で流され、見送る多くの関係者、ファンの記憶に残る曲となりました。また、シングルの初回盤には特典として「なお美のオススメ!ワインメモ」が封入され、結婚披露宴の引出物のひとつとして出席者に配られました。
“女子大生タレント”の先駆者として一躍人気者となり、その後女優として数々の作品に出演し名実共にトップ女優へと飛躍を遂げ、さらにはワインに関する豊富な知識やプロ級の料理の腕前を披露するなど、マルチな才能で我々を楽しませてくれた川島なお美。女優・歌手として生涯を生き抜いた彼女らしく華やかで美しい様々な表情を見せるミュージックビデオを是非お楽しみください。

川島なお美ラスト・シングル「Actrice」(2009年6月24日発売/SRCL-7075)
1.Actrice
2.偶然の後で
3.Actrice(オリジナル・カラオケ)
4.偶然の後で(オリジナル・カラオケ)

■ストリーミング・ダウンロードはこちらから
https://www.sonymusic.co.jp/artist/naomikawashima/discography/SRCL-7075

「Actrice」
作詞:鎧塚小々夏 作曲:藤神敬也-Kyo-ya- 編曲:斎藤悠弥

私を待つあなた見つけて 人ごみに隠れる
グラス持つ指が綺麗で ドキドキしちゃう
今日はどんなオンナで行こう? 処女(おとめ)か魔性か・・・
勝負下着の色に迷って 7分遅れたわ
こんなに好きになると私の胸奥の 小悪魔あなたに気づかれちゃうわ
酔ったフリで抱かれましょうか
感じるフリで睫毛ふるわせ オンナはいつも女優よ

薬指の爪に気づいても 照れ笑いするだけ?
ネイルアートで描いたあなたの イニシャルなのに
今日はどんなワタシで決めよう? 淑女か運命の女(ファムファタル)…
惚れすぎたら負けなの 恋は駆け引きだから
KISSの先でじらしてるのにいつまでも 縮まらない距離がもどかし過ぎるわ
酔ったフリで抱かれましょうか
感じるフリで薄目あけて オンナはみんな女優よ

嘘の涙 武器に生きてきたわ
無邪気に恋 もてあそんだけど
あなただけは 手強すぎるの

酔ったフリで抱かれましょうか
堕ちるフリで 唇ぬらして
Comme tu sais Les femmes sont Toujours Actrices
感じるフリで睫毛ふるわせ オンナはいつも女優よ

「偶然の後で」
作詞:秋元康 作曲:重永亮介 編曲:大嶽香子

季節が過ぎて 衣替えのように クリーニングに出す恋がある
この部屋のクローゼットに掛けられた 裸のハンガーが覚えてる
このまま一人で生きてゆく あれから自分で決めたのに…
偶然 巡り逢い 偶然 惹かれ合い
私の何かが変わってく
AH 心にしまっていた お気に入りの服を探してる
偶然 求め合い 偶然 愛し合い
二人  ずっと ずっと
AH 一緒に歩きながら あなたと確かめたい 奇跡

キスの数だけ 大事な人になり 洗濯物さえも愛しくて
あなたのプロポーズ 頷いた夜 生まれて来た意味を知らされた
愛とは日向(ひなた)のようなもの そこにいるだけで暖かい
最後に 巡り逢い 最後に 惹かれ合い
すべてに 素直になれた人
AH  どこかで見失った 未来の半分が見つかった
最後に 求め合い 最後に 愛し合い
永久(とわ)に  きっと きっと
AH  この世が終わる日まで あなたと生きることが 運命

偶然 来た道の 偶然 その途中
一番 好きな服に着替えて
AH  遠回りしたことも 思い出し笑いしてみたい
偶然 広すぎる 偶然 この世界
二人  やっと やっと
AH  偶然のその後で 指輪を交換する奇跡