NTTドコモ誕生から今日で30周年!携帯電話がつくった人のつながりの歴史を歌とダンスで振り返る『もしも史』公開 青山テルマさんが懐かしい流行語盛りだくさんのオリジナル曲を歌唱!

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、2022年7月1日に1992年7月1日の営業開始から30周年を迎えたことを記念して、携帯電話がつくってきた人とのつながりを、青山テルマさんが歌う楽曲に合わせ、当時を明るく彩ったファッションやダンスとともに振り返るWEBムービー『もしも史』を公開します。

本動画は、人をつなげ日本の元気をつくってきたドコモと、その携帯電話やサービスの歴史を振り返るWEBムービーです。携帯電話の元祖と言われるショルダーフォンから始まり、ポケベル、ガラケー、スマートフォンと続く様々な携帯電話と人とのつながりの歴史を、当時を明るく彩ったファッションとダンスとともにポップな世界観で振り返ります。

WEBムービーの楽曲は、 「ぼくのりりっくのぼうよみ」としても活動していたたなかさんがオリジナル曲を作曲、かつてドコモのCMソングを担当した青山テルマさんが歌唱しました。歌詞の中に時代ごとの流行語や携帯電話あるあるを盛り込むことで、誰もがこれまで紡いできた人とのつながりを温かく、懐かしく感じられるような楽曲が完成しました。携帯電話や人とのつながりにまつわる様々な思い出を思い返しながら、このWEBムービーを楽しんでみてください。

本動画はドコモおよび携帯電話がつくってきた人とのつながりやつながりによって生み出された日本の「元気」の歴史を、当時を彩ったファッションとダンスとともに振り返るWEBムービーです。ドコモ誕生から30年を記念して、制作されました。「もしもし」という電話での挨拶を合言葉に、携帯電話の元祖と言われる「ショルダーフォン」から始まり、数字で会話するポケベル、メールや電話でコミュニケーションするガラケー、SNSが主流となったスマートフォンと追いかけながら、様々な人との繋がりをつくってきた「もしもし」の歴史を振り返ります。

本動画では時代のトレンドを作ったファッションやダンスや流行語が登場し、誰もが「懐かしい!」と感じるシーンが続きます。バブル時代を象徴する衣装のダンサーやパラパラを踊るガングロギャルなど、時代を明るく彩った人々が当時流行したダンスを繰り広げます。

楽曲は「ぼくのりりっくのぼうよみ」としても活動していたたなかさんが作曲、かつてドコモのCMソングを担当した青山テルマさんが歌唱しました。人とのつながりを当時の流行語とともに振り返る歌詞や、青山テルマさんの明るい歌声にもご注目ください。