【ディズニー小説】大人気ツイステッドテールシリーズ待望の第3弾はアリス!!!名作『ふしぎの国のアリス』の“もしも”の物語『アンバースデー』販売予約開始!

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長兼COO:南條達也)は、『ディズニーツイステッドテール ゆがめられた世界 アンバースデー』の上下巻(2022年8月11日同時発売予定)

「ディズニーツイステッドテール」は、ディズニー名作のどこかがゆがめられた“もしも"の世界を描く、全米で大人気のYA(ヤングアダルト)向け小説シリーズです。その翻訳版として2021年の冬に発売して話題沸騰となった「リトル・マーメイド」のIF物語『ゆがめられた世界 パート・オブ・ユア・ワールド』と「アラジン」のIF物語『ゆがめられた世界 ホール・ニュー・ワールド』につづいて、いよいよ待望のシリーズ第3弾が登場します! 今回ゆがめられた視点で語られる物語は「ふしぎの国のアリス」!!!

▲動画:ワンダーランドを救え!「ふしぎの国のアリス」のIF物語―ツイステッドテール第3弾!

<<この本の内容>>
だれもが知る「ふしぎの国のアリス」のどこかがゆがめられた“もしも"の物語

「不思議の国(ワンダーランド)」での記憶が薄れつつあるアリスは今や18歳。同世代の女の子たちとは少しちがい、自慢のカメラを片手に、街の外国人たちを撮影したり、大好きなおばさんのサロンで写真を現像したりする毎日を過ごしていた。
しかし、あるとき現像した写真を見てみるとそこには突如として、少女時代の記憶をよみがえらせる見覚えのある人々の顔が映り込んでいるではないか!
マッドハッター、イモムシ、メアリーアン…。彼らが掲げたメッセージは「助けて」
そして、こちらを冷たくにらみつけるハートの女王!
不思議の国にいったい何が起きているのか? 果たしてアリスは不思議の国へ戻り、かつての仲間たちを女王の横暴から救うことができるのか!?

この物語では、アリスがさまざまなナンセンスを乗り越えて、友情、未知のものを理解すること、たいせつな人を助けることを学んでいきます。アニメ版やルイス・キャロルの原作のファンはもちろん、「ふしぎの国のアリス」を知らない人も楽しめる読み応えのある冒険ファンタジーです。『ディズニーツイステッドテール ゆがめられた世界 アンバースデー』は8月11日、上下巻同時発売です!

 

『ゆがめられた世界 アンバースデー 上巻』
『ゆがめられた世界 アンバースデー 下巻』
著者 リズ・ブラスウェル
訳者 池本尚美
カバーイラスト 水溜鳥
ソフトカバー 四六判
上巻 328ページ/下巻 320ページ
定価 各1,100円(本体1,000円+税10%)
発売日:2022年8月11日 木曜日(予定)
発行所:(株)学研プラス
学研出版サイト:
(上巻)https://hon.gakken.jp/book/1020554600
(下巻)https://hon.gakken.jp/book/1020554700