実在の事件を映画化した4作品をYouTubeで無料公開! LIFETIMEシアター 1月のラインナップ決定! 1月の特集は”実録”!

“自分らしく生きる”女性を応援するLifetimeが制作したオリジナルムービーを毎週木曜日19時に1週間限定でYouTubeに無料公開します

グローバルメディア企業A+E Networksの日本法人、エーアンドイーネットワークスジャパン合同会社(東京都港区、ゼネラルマネージャー:ジョン・フラナガン)は、女性のためのメディアブランド「Lifetime(読み方:ライフタイム)」のオリジナル制作の映画作品群「Lifetimeムービー」を、YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCpJ3wB9cRqF_kDzffSTICVg)で無料で公開していくLifetimeシアターの1月のライナップを発表しました。

1月は”実録”特集として実際の事件を映画化した4作品をラインナップ。1996年のクリスマスに発生し未だ未解決のジョンベネ殺害事件の初動捜査に奮闘した刑事や家族に迫った「ジョンベネ ~誰が少女を殺したのか~」や、引っ越し先の隣家とのトラブルが思いがけない事件へと結びついていく「ネイバー・イン・ザ・ウインドウ」、記者として働く女性の家に侵入し気づかれないように共同生活を送っていた変質者による恐怖を描く「アンダー・ザ・ベッド」、レイプされ妊娠した娘を出産したシングルマザーと犯人による娘の親権を争う法廷闘争をスリリングに描きだす「アフター・ザ・レイプ -判決の行方-」など、実際にあったとは思えないような驚くべき物語を映画化した作品たちを特集して公開していきます。

1月5日(木) 19時公開「ジョンベネ ~誰が少女を殺したのか~」​

1996年12月、コロラド州ボールダーで6歳の美少女ジョンベネが消えた。当初は誘拐だと思われたが、少女は自宅の地下室から遺体となって発見される。殺害現場は保存されておらず捜査は難航。捜査に非協力的な遺族に疑いの目が向けられるが、犯人を特定できる証拠は見つからない。果たして誰が少女を殺害したのか?真相究明を目指す人物たちの奮闘を描く。

1月12日(木) 19時公開「ネイバー・イン・ザ・ウインドウ」​

明るく社交的なカレンは、夫の転勤でシアトル郊外の一軒家に移り住む。隣人たちにも温かく迎えられ、優しく協力的な夫と幼稚園に通う息子と新しい生活をスタートさせた。ある日カレンは、窓からの隣人の視線に気がつく。身の回りでは不穏な出来事が起こり始め、少しずつカレンの生活は破綻していく。

1月19日(木) 19時公開「アンダー・ザ・ベッド」​

記者として働くカリーは婚約者と別れ、仕事漬けの日々を送っている。そこへストーカーの魔の手が忍び寄る。彼女の自宅へ侵入した男は、ベッドの下に身を隠しては、気づかれぬよう盗撮や物色を繰り返す。そんな中、彼女の誕生日パーティーが自宅で開催され、そこでのある出来事に逆上した男はついに行動に出る。実話に基づく物語。

1月26日(木) 19時公開「アフター・ザ・レイプ -判決の行方-」​

ロースクールを卒業したばかりのエイミーは、バーで偶然知り合ったディミトリに強姦され、妊娠してしまう。悩んだ末に出産し、娘と幸せに暮らしていたが、ある日、自宅に訴状が届く。それは強姦犯のディミトリによる親権請求だった。性的加害者の親権を拒否する法律がない中、エイミーはディミトリから娘を守ることができるのか?
“自分らしく生きる”女性の毎日を充実させるためにLifetimeが木曜日の楽しみとしてバラエティに富んだ映画作品をYouTubeで公開していきます。ぜひご覧ください。