カリスマボカロP・カンザキイオリ×人気ヴァーチャルシンガー・花譜×人気小説家・綾崎隼!130万再生楽曲『それを世界と言うんだね』小説化! 物語が世界には必要だ——子どもたちの願いが連環し、奇跡のコラボ実現!!

株式会社ポプラ社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:千葉均)は、人気バーチャルシンガー・花譜さんの楽曲「それを世界と言うんだね」の小説を2023年3月13日に一般書と児童文庫レーベル・ポプラキミノベルより同時刊行いたします。

2021年夏、“みんなで作る「キミノウタ」キャンペーン”として児童文庫レーベル・ポプラキミノベルHPで子どもたちから歌詞を募集して話題となった、人気バーチャルシンガー・花譜さんの楽曲「それを世界と言うんだね」が、一般書とキミノベルで小説になります!

『死にたがりの君に贈る物語』(ポプラ社)が大ヒットするなど、恋愛青春小説の書き手として10代・20代から多大な支持を得ている人気作家の綾崎隼さんが、楽曲からイメージを広げて小説を書き下ろし!

【あらすじ】
主人公の少女は、薔薇の咲く庭園で目覚めた。自分は誰? ここはどこ?
視界の先には白い小城、遠くには山のようにそびえる巨大な黒い城。
――そこは、物語管理局という時空の狭間だった。城には物語に登場するキャラクターたちが暮らしており、城主は親指姫。少女は自分の正体を突き止めるため、「王子」と呼ばれる少年と“物語管理官”として活動する。物語管理官は、物語の世界で不幸になったものたちを救う仕事で、「マッチ売りの少女」「裸の王様」などの物語に入り込み、キャラクターたちと関わりながら物語を徐々に変化させていく――。管理官には「自分の物語に入ってはいけない」という唯一の禁忌があるが、王子は自分の物語「人魚姫」に飛び込んでしまい……?
この“世界”の謎を解き、命を与えられた意味を知ったとき
ふわりと心がほどけ、温かな涙が頬を伝う傑作!

2021年夏、「もし自分が○○だったら、○○したい」というテーマでキミノベル読者から歌詞を募集。
たくさん集まった読者からの歌詞を、「命に嫌われている。」など大ヒット曲を生み出したカリスマボーカロイドPのカンザキイオリさんが編曲し、人気バーチャルシンガー・花譜さんの楽曲として話題となったのが「それを世界と言うんだね」です。

YouTubeのオリジナルMVは、130万回再生されて500件近いコメントが寄せられるなど、ファンの方のみならず大反響となっています!

  • 小説「それを世界と言うんだね」を子どもたちと一緒に届けます!

「それを世界と言うんだね」は読者の歌詞から曲になったということもあり、この小説をポプラ社と一緒に届けてもらうための【子ども宣伝会議(仮)】を開催!
年末に募集した「子どもコピーライター」10名に事前に原稿を読んでもらい、1月末実施の【子ども宣伝会議(仮)】 では宣伝コピーを考えてもらうなど、一緒に『それを世界と言うんだね』を読者に届けるための作戦を考えてもらいます。
読者から集めた物語(歌詞)の楽曲ノベライズ本を、読者たちと一緒に届けるという新たな取り組みであり、子どもたちにとっても編集部の仕事を体験できる貴重な体験になるはずです。

【「それを世界と言うんだね」子ども宣伝会議(仮)  概要】
日時:2023年1月28日(土) 14~16時  ※オンライン開催
参加者:10名(小学校5年生~中学3年生) ※著者の綾崎隼さんもオンライン参加!
内容:
・感想の発表
・宣伝キャッチコピーを考えてみよう!
・綾崎隼 先生に質問してみよう!   ※内容は仮です