【春の大花火】『HANABIファンタジア~花火新時代の幕明け~』開催! グリーンランド史上過去最多の12,000発の花火が春の夜空を彩る

グリーンランドリゾート株式会社(本社:熊本県荒尾市、代表取締役社長:江里口 俊文)が運営するグリーンランド(遊園地)は、2023年3月18日(土)20時より(※荒天時は翌19日20時より打上)、花火イベント『HANABIファンタジア~花火新時代の幕明け~』を開催

  • HANABIファンタジア~花火新時代の幕明け~

過去最多&最大規模の花火打上げ過去最多&最大規模の花火打上げ

『HANABIファンタジア~花火新時代の幕明け~』は、世界最大の花火競技会と言われるカナダ・モントリオール国際花火競技会における最優秀作品賞(Jupiter Award)受賞をはじめ、世界の花火シーンで高い評価を受けている日本の代表的な花火会社『日本橋丸玉屋』が、グリーンランドを舞台に初めて展開する新しい花火エンターテインメントイベントです。

これまでの花火の常識を覆す様々な花火演出と、グリーンランド史上最多となる12,000発の花火が春の夜空を彩ります。

また、従来の打上幅の3倍の10万㎡にも及ぶ広大な打上エリアにおいては、ウォーターエリアやアトラクションエリアなど、遊園地ならではのバラエティ豊かな立地を活かした花火の打ち上げも見どころの一つとなっています。

  • 【”世界初”の花火演出】まるで花火の観覧車『360°花火タワー』

360°全方位に花火を打ち出す「花火タワー」360°全方位に花火を打ち出す「花火タワー」

「花火タワー」とは、タワー上の構造物を使用し、高所から360度の方向に花火を打ち出す演出方法で、地上から打ち上げる通常の花火と異なる、日本橋丸玉屋が世界で初めて実施した新たな花火演出です。(※『日本橋丸玉屋』HPより)

同花火イベントを担当する花火会社『日本橋丸玉屋』が考案したもので、同社が手がける花火タワー演出は西日本においては”初”となる花火演出となります。

  • 前売り特別観覧席のご案内は近日公開予定

また、同イベントでは、事前予約で花火をゆっくり満喫できる特別観覧席の設置も予定。
特別観覧席の概要・詳細は近日中に同イベントの公式ホームページにて公開予定となっております。

  • 春一番の思い出づくりに

同イベントのほかにも、3月中旬から期間イベント「グリーンランド 2023春催事」を開催。
人気のキャラクターショーのほか、人気のキャラクターとタイアップした参加型イベントの実施など、春の思い出づくりにピッタリなイベントを多数実施いたします。

グリーンランドでは引き続き、「遊園地・テーマパークにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を踏まえ、お客様と従業員の健康と安全を最優先とし、新型コロナウイルス感染拡大防止策を講じてまいります。

[『HANABIファンタジア~花火新時代の幕明け~』HP]
https://www.greenland.co.jp/park/hanabifantasia2023/

[開催日時]
2023年3月18日(土) 20:00~(※荒天の場合、翌19日に順延)

[開催日営業時間]※予定
9時30分~22時

[入園料]※2023年3月1日改定後
①大人(高校生以上)2,000円
②こども(3歳~中学生) 1,000円
③シニア(65歳以上) 1,000円
※3歳未満は入園料不要
※料金は税込

[入園料+フリーパス]
①大人(高校生以上) 6,000円

②こども(小学生・中学生) 5,000円
②リトル・シニア(3歳~未就学児、65歳以上) 3,800円
※3歳未満はフリーパス不要
※料金は税込