始まりは日本書紀? 鬼を象る瓦から日本文化に迫るドキュメンタリー映画「鬼瓦」パイロット版を公開! 世界中の映画祭で評価されるタカザワカズヒト氏が監督 モーションギャラリーでクラウドファンディングも開始!

合同会社夢何生(本社:神奈川県横浜市、代表社員・社長:夏井祐矢、以下「夢何生」)は現在製作中のドキュメンタリー映画「鬼瓦」のパイロット版を公開し、モーションギャラリーでクラウドファンディングを開始することをお知らせ致します。本作は2022年以降、劇場公開を予定。

ドキュメンタリー映画「鬼瓦」は近年TV番組等でも取材が増え多くの方が注目する「鬼瓦」の姿をドキュメンタリー映画を通じて国内外の方に発信するプロジェクトです。昨今、話題の漫画『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴著)でも鬼に注目が集まっていますが、瓦の世界にもその昔から鬼が存在していました。

⻤⽡は棟端に置く装飾瓦の総称です。鬼の顔を象った瓦が鬼瓦というわけではありません。そして鬼瓦を製作する人々を鬼師と呼びます。一般的には魔除けの存在として考えられ、社寺仏閣の棟の端などに設置されています。鬼瓦の起源は古代ギリシャやエトルリアで使用されていた屋根飾りと繋がりがあるともいわれています。海外の聖堂にもガーゴイルなどが設置されていますが、動物の面や頭部の彫像は古来から魔除けに用いられてきた歴史があるそうです。日本の鬼瓦にもその歴史が受け継がれているのかもしれません。

6世紀頃に仏教とともに伝わっとされる瓦。日本書紀には瓦の導入にあたって朝鮮半島の百済から瓦の技術者「瓦博士」4人が派遣されたとの記載があります。実際に日本で一番最初に建てられたと言われる飛鳥寺では、百済のものとそっくりの瓦が出土されています。日本の歴史・そして宗教とも密接に関わる瓦の存在。しかし初期の鬼瓦は現在のような鬼の姿をしていませんでした。一般的には魔除けの存在として考えられる鬼瓦はどのような経緯で現在の鬼の姿に変移していったのか。鬼瓦を製作する鬼師、研究者の取材をもとに象られる鬼の姿に迫ります。そして日本の鬼の伝承とも向き合いながら、その文化形成の魅力を国内外に向けて映画祭出品、劇場公開、配信を目指し制作を行ないます。

モーションギャラリー プロジェクトページ
https://motion-gallery.net/projects/mukau-0422

監督は「おだやか家」「おぶせびと」の短編ドキュメンタリー映画を手がけ、Hollywood International Independent Documentary AwardsやLos Angeles Independent Film Festivalでも受賞経験もあるタカザワカズヒトさんが抜擢。本作は2022年以降、劇場公開を予定。