「もっとFURUNOを知ってほしくて」第二弾CMつくりました。 阪急電車ジャック!「広告貸切列車sankyuトレイン」、阪急西宮北口駅構内「にしきたワイドビジョン」にてCM展開

古野電気株式会社(本社:兵庫県西宮市、古野幸男社長)は、ブランド価値向上を目的として、昨年制作しました「FURUNOを知ってほしくて」シリーズの第二弾CM を制作しました。 本CMは昨年同様、阪急西宮北口駅構内 『にしきたワイドビジョン』にて放映するとともに、今年は阪急電鉄 神戸線での『広告貸切列車sankyuトレイン(1編成)』も展開いたします。

本企業CM「FURUNOを知ってほしくて」シリーズは、フルノについて知っていただくことで、もっとフルノを身近に感じていただきたく制作しました。当社ならではの取り組みにフォーカスし、子供から大人まで、親しみをもってご覧いただけるようなユーモラスな作りとなっています。今回の第二弾CMでは、舶用電子機器を扱う会社ならではの制度や産業用事業、今年度新たに竣工しました“新研究開発棟 SOUTH WING”を紹介しております。本企業CMは、昨年制作しました「商品編」「福利厚生編」「最先端技術編」「グローバル編」「ストークス編」の5つに加え、今回新たに「船長編」「船舶免許編」「ナノ秒編」「医療機器編」「新研究開発棟編」を制作し、全10本の構成となっております。

企業CMは当社ウェブサイトでの公開をはじめ、まずは地域の皆さまに身近に感じていただきたく、11月1日(月)より阪急電鉄 神戸線 『広告貸切列車sankyuトレイン(1編成)』、さらに11月8日(月)より阪急西宮北口駅構内 『にしきたワイドビジョン』 にてCM展開を行います。

当社は今後も、安全安心・快適で、人と環境に優しい社会・航海の実現を目指すとともに、ブランド価値向上に努めてまいります。