パリ・オペラ座 エトワール、ステファン・ビュリオンが踊る最後のカジモド&牧阿佐美バレヱ団 注目の新キャストで「ノートルダム・ド・パリ」(R.プティ振付)上演!

牧阿佐美バレヱ団は6月、バレエ振付家の巨匠ローラン・プティの代表作「ノートルダム・ド・パリ」を、ステファン・ビュリオン(パリ・オペラ座)ら豪華共演者を迎える2キャストで上演します。(6月11日(土)・12日(日)東京文化会館)
「ノートルダムの鐘」としてミュージカルやアニメーション映画で大人から子どもまで広く親しまれる、文豪ヴィクトル・ユーゴーの小説。バレエ「ノートルダム・ド・パリ」は、プティの洒脱でモダンな振付を踊るダンサー、スタイリッシュな衣装、音楽、舞台装置が一体となって、美しいジプシーの女と三人の男の、宿命と愛と死の物語世界を力強く描き出します。牧阿佐美バレヱ団プリンシパルダンサーの青山季可が満を持して挑む初のエスメラルダ、パリ・オペラ座引退公演直後に来日し日本では最初で最後のカジモド役を披露するステファン・ビュリオン、新たなカジモド像を演じる菊地研、ローマ歌劇場バレエの新星エトワールとアスタナ・オペラ・バレエのプリンシパルの初登場。期待が高まるキャスティングもお見逃しなく。

【日時】2022年6月11日(土)15:30 開演、6月12日(日)14:00 開演
【会場】東京文化会館 大ホール
【出演】
カジモド:菊地研(11日)/ステファン・ビュリオン(パリ・オペラ座バレエ団 エトワール)(12日)
エスメラルダ:青山季可(11日)/スザンナ・サルヴィ(ローマ歌劇場バレエ団 エトワール) (12日)
フェビュス:アルマン・ウラーゾフ(国立アスタナ・オペラ・バレエ団 プリンシパル・ダンサー)
フロロ:水井駿介(11日)/ラグワスレン・オトゴンニャム(12日)
ほか 牧阿佐美バレヱ団

指揮:デヴィッド・ガルフォース
演奏:東京オーケストラMIRAI

演出・台本:ローラン・プティ
衣装:イヴ・サン=ローラン
音楽:モーリス・ジャール
装置:ルネ・アリオ
原作:ヴィクトル・ユーゴー

【チケット料金】(全席指定・税込)
6月11日(土);S席13,000円 A席10,000円 B席7,000円 C席4,000円 D席2,000円
6月12日(日);S席15,000円 A席12,000円 B席9,000円 C席6,000円 D席3,000円
*未就学のお子様のご入場はご遠慮ください。お子様のチケットも必要です。

【チケット取扱】
牧阿佐美バレヱ団オフィシャルチケット http://r-t.jp/ambt06 
楽天チケット http://r-t.jp/ambt
チケットぴあ https://t.pia.jp/ Pコード:511-339
イープラス https://eplus.jp/
カンフェティ  https//confetti-web.com/  Tel :0120-240-540
東京文化会館チケットサービス 03-5685‐0650
シビックチケット Tel 03-5803-1111(10:00~19:00)

■バレエ団のWEBサイト、インスタグラム、Twitter、Facebookで、公演に関する最新の情報や出演者のメッセージ、リハーサルの模様、イベント情報等をお知らせしています。