ARスタートアップのpalan、生物たちの生態や多様性喪失原因を目の前に表示し分かりやすく紹介する「生物多様性の喪失」ARコンテンツを公開 コードを書かずに魅力的なWebARが作成できるサービス

ARサービスを提供する株式会社palan (本社:東京都渋谷区、代表取締役:齋藤 瑛史)は、「WebAR」を活用した「生物多様性の喪失」ARコンテンツを公開しました。

社会問題に興味があるものの、数字を苦手としている、社会問題がピンと来ないという方をターゲットとし、ARでわかりやすく社会問題を伝えることを目的とし制作致しました。
SDGsの中でも「生物多様性の喪失」をテーマとし、WebARで誰でも手軽にアクセスし興味を持って頂けるようにしています。

■AR、ARグラフを活用し社会問題をもっと身近に
より「数字の意味」を理解しやすいようARグラフを表示し、また生物たちの生態や多様性喪失原因を目の前に表示することで、より「自分にとって身近な問題である」ことを理解してもらえるような内容です。
今回、弊社開発のノーコードWebAR制作サービス「palanAR」を用いることにより、ブラウザのみで手軽にアクセスすることを可能としています。

本作品は2022年11月15日に公開し、2週間に1コンテンツずつ新たな生物のARコンテンツを公開予定(合計4コンテンツ)です。
コンテンツ:https://palanar.com/v2/ar_contents/biodiversity

■palanAR サービス概要
「palanAR(パラナル)」は誰でも簡単にWebARを作成できるオンラインツールです。
AR名刺や商品プロモーションなど様々なシーンで使われるWebAR作成を無料(フリープラン)で試すことができ、商用利用可能なプランもご用意しています。

直感的な操作により、Web制作やAR作成のプログラミング知識がなくても、ARを簡単に作ることが可能です。
2019年のサービス開始以来、イベントや教育、プロモーションなど10,000以上のARを作成いただいています。

サービスURL
https://palanar.com

■WebARについて
WebブラウザのみでARを実現する技術をWebARと呼び、現在企業のキャンペーンや販促などに広く用いられています。近年、WebARを利用したサービスを地方自治体、観光業界、エンターテインメント業界など、多くの企業より採用いただきサービス開発のパートナーとして制作・開発を行っています。

お問い合わせ増加の背景には、新型コロナウイルスの感染拡大を機に「非接触型」の新しい接客の形を模索し、顧客へより充実した体験を提供したいという想いをお持ちの企業の増加があります。

WebARの詳細はこちら
https://xr.palan.co.jp/webar