デビュー曲がわずか1か月でYouTube100万回再生突破!13歳の新人アーティスト・井上 絃『幸せについて、僕が考えたこと』が様々なSNSで大反響!

音楽エージェントサイト「ZULA(ズーラ)」を運営する株式会社massenextが11月10日に配信限定シングルとしてリリースした13歳の新人アーティスト・井上絃(げん)のデビュー曲『幸せについて、僕が考えたこと』。YouTubeチャンネル「優里ちゃんねる【公式】」で公開中のPVが、公開からわずか1か月で100万回再生を突破した。

井上絃『幸せについて、僕が考えたこと』Official Music Video

タイトル :幸せについて、僕が考えたこと
アーティスト:井上絃(げん)
作詞:井上絃、優里、BAK
作曲:優里、CHIMERAZ
配信サービス:https://zula.lnk.to/dGo20YZL

井上絃(げん)

小児がんが発覚したのを機に、YouTubeなどSNSでアーティストのカバー曲動画の投稿をスタート。両親が音楽クリエイター集団・CHIMERAZのBOSSに連絡したことから、アーティスト優里のYouTubeチャンネル「優里ちゃんねる【公式】」で本人との共演が実現。優里らの楽曲提供を受け、オリジナル曲『幸せについて、僕が考えたこと』を2022年11月10日に配信リリースし、アーティストとしての夢を実現させた。

YouTube:https://www.youtube.com/user/inochari/featured
Twitter:https://mobile.twitter.com/gen_inoue_0528
TikTok:https://www.tiktok.com/@gen_inoue
Instagram:https://www.instagram.com/gen_inoue_2525

  • 井上絃がデビューするまで

井上絃(げん)は、小児がんを患ったことをきっかけに、入退院を繰り返しながら、自宅での療養時間にケイティ・ペリーやケルティック・ウーマンを始め、森山直太朗など国内外を問わずさまざまなアーティストのカバー曲動画をYouTubeなどのSNSに投稿し続けていた。
そんな彼の一番のファンである両親が、優里やBAK、YO_COなど数々のアーティストをサポートする音楽クリエイター集団・CHIMERAZのBOSS(@CHIMERAZ_music)にメッセージを送った。そこで井上絃のアーティストとしての可能性を見出したBOSSが音源を優里に送ると、歌声に惚れ込み「直接、歌声を聴きたい」とYouTubeチャンネル「優里ちゃんねる【公式】」の企画で自宅に突撃訪問。動画では、優里を代表する名曲「ドライフラワー」「かごめ」などの歌で2人が共演し、「絃くんの歌声はいろんな人に響く」と優里から作曲をサプライズ提案。
絃が書き下ろした歌詞をベースに、優里や一切顔出しをしないアーティスト・BAKが絃の世界観を引き出す歌詞に仕上げ、優里とCHIMERAZが作曲を手がけ、井上絃のデビュー曲となる『幸せについて、僕が考えたこと』が誕生した。

  • 各ネットメディアやSNSでも大反響

歌詞には、絃が闘病する中で考えた「幸せとは何か?」に気づいた時のストレートな思いが綴られており、少年らしい純粋さと、包まれるような優しさを持った歌声に老若男女問わず、心を動かされるリスナーが続出している。
「Yahoo!ニュース」や「ねとらぼエンタ」「THE F1RST TIMES」など各ネットメディアにも取り上げられているほか、LINE MUSICで「ソングTop100」の62位、YouTube MUSICで「J-Pop On The Rise」「Japan Ballads」に錚々たるアーティストに並んでプレイリストインを果たすなど、10代の新人アーティストとしては異例とも言える注目を集めている。
さらに楽曲を活かしたダンス動画や手話動画、カバー曲動画など、各SNSでの投稿も相次いでおり反響を呼んでいる。