茨城県立境特別支援学校にてVRによる防災教育プログラムを実施予定:9月16日 障害のある生徒がVR体験をとおして具体的な避難方法を学ぶプログラムは、当校では初めての実施

国内防災最大手の能美防災株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡村武士、資本金:133億2百万円、東証プライム市場)は、9月16日(金)に茨城県立境特別支援学校で開催される防災教育プログラムへ、当社のVR体験機器を提供します。
茨城県立境特別支援学校は、屋外への避難訓練や消火器体験などを防災教育として、これまで行ってきましたが、障害のある生徒が、VR体験をとおして具体的な避難方法を学ぶプログラムは、当校では初めての実施となります。ゲーム感覚で体験することで避難を強く印象付けられ、学校以外の場所で災害にあった場合にも本体験が想起されることで、避難に活かされる効果を期待しています。
今後、VR体験が新しい防災教育の一つとして教育現場に広く普及していくことが期待されます。

  • 防災教育プログラム実施概要

1.期間:2022年9月16日(金)
2.時間:午前9:40~12:00
3.場所:茨城県立境特別支援学校(住所:猿島郡境町塚崎2170)
4.内容:高等部3年生の生徒43名と職員17名が火災臨場体験をVR(バーチャルリアリティ)で体験します。
障害のある生徒にとって視覚的な教材を使って体験することは大変わかりやすく、ゲームに慣れた世代であるため、生徒たちにとっても興味をもって取り組むことができる活動です。

  • 提供するVR体験機器概要

1. 名称:「火災臨場体験VR~混乱のオフィス~」
2. コンテンツ概要:https://www.nohmi.co.jp/product/fire_experience/index.html

  • VR体験機器提供会社概要

名称:能美防災株式会社
代表者:代表取締役社長 岡村武士
所在地:東京都千代田区九段南4-7-3
設立:1944年5月5日(創立:1916年12月)
資本金:133億2百万円(東証プライム市場)
主な事業:各種防災設備・システムの企画、開発、設計、施工、保守と各種防災機器の設計、製造、販売
URL:https://www.nohmi.co.jp